How to fascinate アーキタイプ毎のベストパートナー候補

ハウトゥファシネート
スポンサーリンク

このページでは、あなたの人生において、今よりもずっと強力な相乗効果を作り出すために、誰と組めばいいかということについての組み合わせを記載しています。

あなたの長所を補助し、あなたの欠点を補ってくれるのはどんなタイプの人なのか?

また、逆にあなたの長所を役立てることができるのは誰に対してなのか?

という一覧表です。

一覧の元になるタイプ分け理論は、ハウトゥファシネートです。
ハウトゥファシネート(How to fascinate)は、人それぞれの特徴や魅力をアーキタイプとして42個にタイプ分けするメソッドです。

もしご存じない場合はこちらの概要をお読みになって、できれば自分でテストを受けてみてください(2017/11現在、無料で受けられます)。

How To Fascinate(ハウトゥファシネート)、人を引きつける魅力にフォーカスした自己診断
このページでは、人を惹きつける長所を発掘するテスト「How to fascinate」について、概要を記載しています。 このテストを受けて自分のことを理解すると、もしあなたが社交的ではないとしても、目立つのが苦手だとしても、それらには無関...

このメソッドでは、分類された各タイプをアーキタイプと呼びます。アーキタイプは42種類あり、誰もがいずれかに当てはまるようになっています。そして相性のいい組み合わせがあり、相性がいいと欠点を補い長所を引き立て合う関係になれます。

このテストを詳しく解説している書籍版「あなたはどう見られているのか?」では、自分の役に立つアーキタイプがどれか、ということがそれぞれのアーキタイプ毎のページに記載されています。

 

ですが、逆に「自分は誰の役に立つのか」ということになると、これは載っていません。

そのため調べようと思えば全アーキタイプの項目をつぶさに見ていく必要があり、かなり面倒でした。

ここで掲載しているのは、その面倒さを乗り越え書籍から抜き出して一覧にしたものです。

太字にしているのはあなたのアーキタイプ、その横の「ベストパートナー候補」はあなたが探すべきあなたの役に立つパートナーです。

また、「誰のベストパートナー候補か」は、あなたのアーキタイプを必要としている相手です。誰かの助けになりたい・自分の長所を生かしたいとなれば、この相手に手助けを申し出てみてください。あなたにとって自然で簡単なことをするだけなのに、驚くほど相手の役に立つことができます。

イノベーションが第1アドバンテージであるアーキタイプ

イノベーションタイプはアイデア先行することが多く、人とつながりを築いたり細部に目を配ったりしないタイプが多いです。そのためリスクヘッジを得意とするタイプがベストパートナー有力候補です。

型破りな指導者は、互いに補い合えるためオーケストレーターと相性が良いということがわかります。

 

情熱が第1アドバンテージであるアーキタイプ

情熱タイプは人との関係性を重視しがちで、それゆえ結果に対して甘くなったりプロジェクトの進捗を厳密にできないこともあります。それを補ってくれるパートナーがいると人間関係構築力をより発揮することができます。

タレントと善良な市民、愛される人とマエストロ、オーケストレーターと型破りな指導者、はそれぞれ相性がよく、どちらにとっても必要なアーキタイプであるというのがわかります。

 

権力が第1アドバンテージであるアーキタイプ

権力タイプはリーダーの素質がある反面、相手をおもんばかったりチャレンジ精神を持つことが希薄になりがちです。人間関係重視のアーキタイプを味方につけると事がスムーズに進み、イノベーションタイプだと権力タイプのエンジンをパワフルなものにしてくれます。

マエストロと愛される人はどちらにもメリットがある関係性です。

 

威信が第1アドバンテージであるアーキタイプ

卓越した成果を出すことにこだわる威信タイプは人間関係に弱みをもつこともあります。多くの人を巻き込んでこそ成果につながることを忘れず、自分に無いものをもつパートナーを探すといいでしょう。

 

信頼が第1アドバンテージであるアーキタイプ

蓄積された信頼は何物にも代えがたし資産になりますが、チャレンジを恐れてばかりだと信頼とともに時代の波にすべて押し流されてしまうこともあります。改革と実行力を持つタイプと認め合うことができればより盤石の体制を築くことができます。

もしあなたが善良な市民であるなら、タレントタイプが近くにいるとよいパートナーシップを築けるでしょう。

 

神秘性が第1アドバンテージであるアーキタイプ

神秘性タイプは総じて内省的な傾向があり、外部とのコミュニケーションが希薄になりがちです。コミュニケーションの助けとなり力強いアクションを可能にするタイプがいれば、互いに補い合えるよいパートナーになります。

 

警告が第1アドバンテージであるアーキタイプ

細部にまで自然に意識が向く警告タイプは、それゆえに視点が狭く低くなることもあります。未来に目を向け邁進する気質を持つアーキタイプといると、新たな未来が開けるでしょう。

 

どのアーキタイプにも「ベストパートナーになりうるアーキタイプ」があり、逆に「他のアーキタイプのベストパートナーになる可能性」もあります。

ベストパートナーは、相乗効果で強みを増したり、弱点を補ってくれる存在だったりします。ビジネスシーンにおいては、これらを採用時に意識してみると、より筋の通った採用戦略を構築することができます。チームが少人数の時期であればなおさらです。

 

ハウトゥファシネートはそのパートナーをシンプルで明確に提案してくれています。

こういうところも、私がハウトゥファシネートを好んで思考に取り入れている一因です。

もしあなたの近くにそういった人がいなくても、この要素を周りの人の中に少しでも見いだせれば今よりずっと上質な人間関係に近づけることができるはずです。頑張って。

How To Fascinate(ハウトゥファシネート)、人を引きつける魅力にフォーカスした自己診断
このページでは、人を惹きつける長所を発掘するテスト「How to fascinate」について、概要を記載しています。 このテストを受けて自分のことを理解すると、もしあなたが社交的ではないとしても、目立つのが苦手だとしても、それらには無関...

コメント