アーキタイプ ”マエストロ” とは-How to Fascinate

ハウトゥファシネート
スポンサーリンク

このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。

人はだれでも他社を惹きつけコミュニケーションするための特性を持っており、それをわかりやすくイメージさせるために、ハウトゥファシネートでは「アーキタイプ」と名付けています。

アーキタイプは42個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。もし42個すべてをざっくり見てみたいならこちらのページへどうぞ。

スポンサーリンク

マエストロ:権力×威信

マエストロってどんな人?

マエストロは、生まれながらのリーダーです。「権力」のアドバンテージからくる「自信」の言語と、「威信」のアドバンテージからくる「卓越」の言語を離します。決断力があり、結論に達するのが早く、行動力もあります。ミーティングでは、自分の考えや目的を自信たっぷりに伝えます。会話では、自分の思いをダイレクトに表現します。

マエストロには、エネルギッシュで社交的なタイプと、静かに情熱を燃やすタイプがいますが、どちらにしても、意志が強く、ものごとを動かす推進力を備えています。大きな目標を達成するだけの馬力があり、それが仕事において最も大きな強みとなっています。常に報賞を意識することで、競争の波部しいビジネス環境でもすぐれた成績を収められる人です。

アーキタイプ・ツイン

アーキタイプ・ツインはあなたのアーキタイプと非常によく似たアーキタイプのことです。使っている上位2つのアドバンテージは同じですが、第1・第2の順番が異なります。ツインについて学ぶことで、人から自分がどう見えているのかを更に別の角度から捉えられます。

勝利者
アーキタイプ ”勝利者” とは-How to Fascinate
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 人はだれでも他社を惹きつけ...

ダブル・トラブル

強いストレスと感じたり、圧倒されたり、恐怖を感じたりしたとき、いつもの健全なバランスが崩れ、あるアドバンテージの特徴が悪い方に目立ってしまう状態のことです。第1アドバンテージに頼りすぎると、普段は強みとなっている特徴が弱点になってしまいます。

権力を第1アドバンテージとするアーキタイプのダブルトラブルは、攻撃者です。

攻撃者
攻撃者-How to fascinate「権力」のダブルトラブル
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」にある、良くないタイプであるダブルトラブルのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 ...

マエストロを表す5つの形容詞

1.野心的

人一倍向上心が強く、常に自らに(そして他者にも)高いハードルを課します。たとえば採用面接の時点で、すでに明確なキャリアプランを描いており、この先5年間で自分が何を達成したいのか、ハッキリとしたイメージを持っているタイプです。

2.集中力がある

ある目標に狙いを定めたら、それに向かって一新に突き進みます。何かが起きるまで受身的に待つようなことはあまりしません。

3.自信がある

競争心があり、何事にも意欲的に取り組みます。マエストロが営業や会計チームのマネージャーになれば、目標達成率で他のチームにかつことを目指し、懸命に努力するでしょう。会社の運動会でも、勝ち負けにこだわるタイプです。

4.妥協しない

難しい課題や障害に直面しても、ブレることがありません。問題を前に、簡単に引き下がったり、諦めたりすることを許しません。たとえば、もしマエストロが営業マネージャーなら、消費者への購買への抵抗感を低くする方法を部下たちにしっかり教え込むでしょう。

5.貫禄がある

推進力が強いため、怖い人というイメージを与える場合もありますが、リーダーシップをとる上では、そのイメージが非常に有利に働くこともあります。尊敬を集めているCEOんバドに多いタイプです。みんなが自然についていきます。

マエストロらしい独自の価値とは?

影響力のあるリーダーシップで、パフォーマンスと結果を向上させます。

自分自身にも、周りに対しても、高い基準を設定します。部下やパートナー、顧客からは「何事も献身的に取り組む人」と形容されることが多いでしょう。「権力」が第1アドバンテージなので、確固たる意見を持っており、第2アドバンテージが「威信」なので、常に高い期待を抱き、高みを目指します。

ひとつのやり方で満足する(あるいは、そこに固執して抜けられない)人もいますが、マエストロはワンパターンに陥ることはめったにありません。難しい課題を乗り越えるのに必要な「タイプA(心理学の分類で、競争心が強く、積極的でせっかちなどの行動パターンを指す)」の気質を持っています。

マエストロらしさが生かせない環境とは?

繰り返しの多い単調な仕事では、あまり力を発揮できません。予定や課題を誰かに細かく決められてしまうと、やる気を持続できないでしょう。マエストロの最大の価値は、成功へと突き進む力です。自分のやり方で進めることを好みますが、「一匹狼」というわけではありません。チームを率いることでやる気を出すタイプであり、チームを勝利へ導くために最善を尽くします。

マエストロの良さを生かすには?

マエストロタイプの社員の力を最大限に引き出すには、彼らに「自分は会社に大きく貢献している」と感じさせる必要があります。評価されることでモチベーションが上がるタイプなので、明確な報酬システムがあると俄然やる気を出します。マエストロタイプにコーチングを行うときは、どうすれば改善できるのか、具体的なフィードバックをするといいでしょう。頑張り屋の彼らには、細かく口出しするよりも「期待しているよ」といって見守るほうが効果的です。

一方、クライアントや上司がマエストロタイプなら相手の期待を具体的に把握することが成功の鍵となります。彼らが何を重視しているのかを理解することが大切です。そしてもうひとつ。マエストロは自分にも他者にも高いハードルを課す人だということを忘れないでください。

マエストロのベストパートナーになりうるアーキタイプは?

面倒見がよく、忠誠心のある「愛される人」はマエストロのよきサポート役になるでしょう。

アーキタイプ ”愛される人” とは-How to Fascinate
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 人はだれでも他社を惹きつけ...

意外なアイデアを生み出す「密偵」は、マエストロと補い合える関係です。

アーキタイプ ”密偵” とは-How to Fascinate
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。人はだれでも他社を惹きつけコミ...

マエストロから学べること

まず最優先すべき目標を見定めよ。そして、思考と行動をその目標に集中させ、そちらに向かってかじを切り、自らと他者を導け。

マエストロへのワンポイントアドバイス

あなたはもともと独立心の強い人なので、人に任せるよりも自分でやったほうがうまくいくと考えがちです(実際そうである場合も多いのですが・・・)。心当たりがあるなら、人の仕事を奪ってしまっている可能性があります。

それをやりすぎると、チームの仲間に「自分は役に立っていない」と思わせてしまい、目標の達成をかえって遅らせてしまうこともあります。すべてを自分でやってしまわず、各自のパフォーマンスを高められるようメンバーをコーチングし、みんなにも自分の失敗から学ぶチャンスを与えましょう。メンバーのスキルアップをサポートできれば、あなた自身もさらに成長できるはずです。

マエストロのアーキタイプをもつ著名人

マイケル・ブルームバーグ(元ニューヨーク市長)

マイケル・ブルームバーグ - Wikipedia

マエストロのキャッチフレーズの一例

野心的な結果

マエストロがこのキャッチフレーズを具現化し、活躍している例

マエストロは、結果を求めるタイプA(心理学の分類で、競争心が強く、積極的でせっかちなどの行動パターンを指す)のリーダーです。たとえば、マエストロである営業部マネージャーのエイミーは、次のような方法でこのキャッチフレーズを取り入れています。

月例会議の開始時に毎回必ず、自分がチームに対してどのような「野心的な結果」を期待しているのか、分かりやすく説明します。そして、各メンバーに具体的な目標とアドバイスを与え、メンバー全員が自分の次のステップをきちんと理解し、ゴールに向かって集中して取り組めるように配慮しています。

コメント