ハウトゥファシネート

アーキタイプ ”守護者” とは-How to Fascinate

このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。

人はだれでも他社を惹きつけコミュニケーションするための特性を持っており、それをわかりやすくイメージさせるために、ハウトゥファシネートでは「アーキタイプ」と名付けています。

アーキタイプは42個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。もし42個すべてをざっくり見てみたいならこちらのページへどうぞ。

守護者:権力×信頼

守護者ってどんな人?

守護者は、地に足がついたリーダーで、(第1アドバンテージが「権力」であるため)大きな目標を設定します。もし守護者がマネージャーなら、若手たちのロールモデルとなるでしょう。文学を愛する人なら、ベストセラー作家になることを目指すでしょうし、シニアマネージャーなら、最高レベルの仕事を目指すでしょう。またCEOになれば、壮大な成長戦略を打ち出すことでしょう。

堂々と落ち着いていて、そこにいるだけで威厳を感じさせます。揺るぎない信念を持ち、静かな口調で意見を述べ、穏やかな自信でチームを率います。

確かな専門性を備えている守護者は、尊敬される権威者であることが多く、確固たる評判を獲得しています。「守護者」の名の通り、チームをしっかり守る、信義に厚いリーダーです。

アーキタイプ・ツイン

アーキタイプ・ツインはあなたのアーキタイプと非常によく似たアーキタイプのことです。使っている上位2つのアドバンテージは同じですが、第1・第2の順番が異なります。ツインについて学ぶことで、人から自分がどう見えているのかを更に別の角度から捉えられます。

厳粛

https://smtlabo.com/about-the-gravitas

ダブル・トラブル

強いストレスと感じたり、圧倒されたり、恐怖を感じたりしたとき、いつもの健全なバランスが崩れ、あるアドバンテージの特徴が悪い方に目立ってしまう状態のことです。第1アドバンテージに頼りすぎると、普段は強みとなっている特徴が弱点になってしまいます。

権力を第1アドバンテージとするアーキタイプのダブルトラブルは、攻撃者です。

攻撃者

https://smtlabo.com/doubletroublethe-aggressor

守護者を表す5つの形容詞

1.突出している

その分野においてリーダーとしての地位を確立し、尊敬されることの多い守護者。もしこのタイプの人がSEOの専門家なら、業界向けカンファレンスで講演を頼まれるような存在になります。また、コピーライターなら、ライター講座で教える立場に、CEOなら、自分の業界で最近話題になっている企業合併について、コメントを求められるような存在となるでしょう。どのような職業であれ、成功者として揺るぎない評価を得るタイプです。

2.誠実

温かく、頼りがいがあります。「この人は、いつでも助けてくれる」と感じさせ、人の質問に答えるために、じっくりと時間をとります。惜しまず助けようとする姿勢には、誠意が感じられます。

3.地に足がついている

自分の能力に確かな自信を持っています。たとえばテニスの練習ひとつとっても、おざなりに済ますことはなく、決然と取り組みます。もっとよくなるにはどうすれば知っている彼らには、ゴールへの道筋が見えています。企業では、ゴールに向かって慎重にみんなを引っ張っていきます。

4.一貫性がある

競争の激しい環境において、彼らの安定感は大きな武器となります。サッカー界なら、必ず相手のドリブルを止める強固なディフェンダーとなるでしょうし、ビジネス界では、たとえば「待望の新製品の発表が遅れる」といったピンチに立たされても、冷静さを失わないリーダーとなるでしょう。守護者は期待を裏切らないので、人から厚い信頼を獲得します。

5.逆境に強い

失敗や難題にぶち当たってもめげません。買収の噂のせいで株価が急落しても、メディアの主材に冷静に対応することができます。余裕を持って業務を進めたいタイプなので、遅れを出さないために残量することも厭わないでしょう。仕事に全身全霊で取り組み、あまり疲れをみせません。

守護者らしい独自の価値とは?

目標志向で意志の強い彼らは、変わりやすい環境に確実性をもたらします。チームから最も優秀なメンバーが抜けても騒ぎ立てませんし、新たなライバルが急速に市場シェアを拡大しても取り乱すことはありませんし、大口顧客が倒産してもうろたえません。守護者はストレスを感じていることをめったに表に出さず、プレッシャーの掛かる状況でも冷静さを保っているので、常に周りから頼られる存在です。

守護者らしさが生かせない環境とは?

自分の主張をまくし立てたり、深く考えずに思いつきでしゃべったりすることはほとんどなく、一見、何を考えているのかわかりにくい人です。その場の衝動でドラマチックに人々を導くのは得意ではなく、どっしりとした威厳を持って指揮を執り、時間を掛けて関係を築くタイプです。

守護者の良さを生かすには?

安心してついていける人です。堅実で長期的なビジョンを持っています。安定と平穏を築くことで、目標を達成していきます。率直な態度が尊敬を集め、人に影響を与えます。その影響は、懐疑的な人たちにまで及ぶでしょう。尊敬されている大学の権威者などがこのタイプです。ビジネスの世界では、IT、国際事業、金融・統計、減量経営、マーケティング戦略といった分野の専門家にこのタイプがよく見られます。守護者は、徐々に専門性を高めていける職業に向いています。しっかりとした枠組みのある環境にも、混沌とした環境にも適応できる人です。

守護者のベストパートナーになりうるアーキタイプは?

品質基準を引き上げつつ、細かいところに気を配れる「編集長」。

https://smtlabo.com/about-the-editor-in-chief

冷静な自信をもつ「クイックスタート」の独創性は、チームに付加価値をもたらすでしょう。

https://smtlabo.com/about-the-quick-start

守護者から学べること

一夜漬けの成功など存在しない。確固たる評価を築くのは、時間がかかる。

守護者へのワンポイントアドバイス

あなたは会社にとって、無くてはならない大きな存在です。みんながアドバイスを求め、頼りにする、堅個な支えとなっています。あなたの役割は徐々に大きくなり、責任も増えてきました。

リーダーシップスキルを更に向上させるには、ほんの少し「革新性」を取り入れることを意識してみてください。また、新鮮なアイデアが求められる場面では、創意工夫を心がけて見て下さい。素早い対応が必要な場面では、もう少し俊敏な動きを目指しましょう。

守護者のアーキタイプを持つ著名人

ウォーレン・バフェット(投資家・経営者)、スーパーマン

守護者のキャッチフレーズの一例

地に足が着いた実力

守護者がこのキャッチフレーズを具現化し、活躍している例

ジーナは投資アドバイザーです。彼女のクライアントには、定年退職した年配の方が多く、リスク回避の傾向が強いため、斬新なアプローチよりも、確固たる実績が求められています。そのためジーナは見込み客との相談会において、自らの堅実な投資戦略によって経済的なゆとりを手にしたお客様の実例を挙げながら、自分の提案する運用手法が一貫性のある安定したものであることを示し、お客様に「地に足が着いた実力」をアピールするようにしています。それが功を奏して、ジーナは最近、突出した評判を獲得しています。

関連記事

  1. アーキタイプ ”クイックスタート” とは-How to Fasc…
  2. アーキタイプ ”マスターマインド” とは-How to Fasc…
  3. アーキタイプ ”マエストロ” とは-How to Fascina…
  4. アーキタイプ ”職人” とは-How to Fascinate
  5. インペリアル-How to fascinate「威信」のダブルト…
  6. アーキタイプ ”編集長” とは-How to Fascinate…
  7. アーキタイプ ”ディフェンダー” とは-How to Fasci…
  8. アーキタイプ ”トレンドセッター” とは-How to Fasc…

おすすめ記事

グッドポイント診断の特徴・強み・活かし方まとめ

このページでは、日本で作られた強み診断「GoodPoint(グッドポイント)診断」について、特徴・強…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断の特徴・強み・活かし方まとめ
  2. ISTPタイプの適職・天職は?-MBTIからぴったりの仕事探し
  3. あなたのタイプ別、つまらない勉強を楽しくする方法【報酬を与える・省力化する・競争させる・ゴールから逆算する・概念を整える】
PAGE TOP