Strength Finder(ストレングスファインダー)、自分の資質を34種類から診断するオンラインサービス

概要・診断方法(ストレングス・ファインダー)
スポンサーリンク

このページでは、日本でもトップクラスの知名度であるStrength Finder(ストレングス・ファインダー)について記載しています。ストレングス・ファインダーとは、パーソナリティ診断ツールのひとつです。

ストレングスファインダーをやってみて自分の強みを知り内容を理解すると、強みに集中して人生を生き抜く自信を持つことができます。

スポンサーリンク

ストレングス・ファインダーとは

人が持つ他人より秀でている特徴を強みと定義し、それを発見するためのオンラインサービスです。生まれ持った才能と幼少期の経験から、人にはそれぞれ異なる資質が発現するとストレングスファインダーの開発者は述べています。
ストレングスファインダーでは、34種類あるその資質を自分により強く合致する順に並べて見せてくれます。

提供は、米国の調査・分析会社ギャラップ社(http://www.gallup.com/home.aspx)。

ギャラップ社は、調査、分析、コンサルティング、コーチングなどを行っており
事業の一環として、個人の強み弱み診断のプログラムとして、ストレングスファインダーを提供しています。

ちなみにストレングス・ファインダーの正式名称は、
CliftonStrengthFinder(クリフトン・ストレングスファインダー)です。

ストレングスファインダーは独立した単体のサービスではなく、
ギャラップ社が行なっている他のプログラムにも関連しています。
日本では「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」 という書籍で有名になりました。

ストレングス・ファインダーの概要、34の強みそれぞれの詳細な解説に加えて、オンラインテストを受けるためのコードがひとつ、付属しています。
(中古本を買うとコードが使用済みになっているので注意。コードは1回限り使用可)

スポンサーリンク

34個の強みとは?

ストレングスファインダーでの強みは次の34個に分類されています。
開発段階では膨大な人数にインタビューし何百もの資質候補があったらしく、さすがにそれは使いづらすぎるということとで共通項の無いものは切り捨てられ、似たものは統合され絞り込まれて34種類になりました。

その34種類の[資質=強み]は次のとおりです

達成欲、活発性、適応性、分析思考、アレンジ、信念、指令性、コミュニケーション、競争性、運命思考、公平性、原点思考、慎重さ、成長促進、規律性、共感性、目標志向、未来志向、調和性、着想、包含、個別化、収集心、内省、学習性、最上志向、ポジティブ、親密性、責任感、回復志向、自己確信、自我、戦略性、社交性

それぞれの強みの内容はこちら

ストレングス・ファインダーテストの34個の資質すべての一覧
このページでは、日本でも有名な強み診断ツールであるストレングスファインダーの強み一覧について概要を記載しています。 ストレングス・ファインダー(Strength Finder)のテストを受けた後に表示される自分の資質は34種類あります...

34個という数、そして強みの出現順がひとそれぞれに異なるため、詳細なテスト結果は膨大なパターンになり、同じパターンを持つ人はまずいません。

パーソナリティ診断ツールの結果パターン数
血液型占いは4種類、星座占いは12種類の結果があります。 小学校なんかでは、占い好きでなんでも信じてしまう子も、そうでない子もいます。 後者の言い分は、だいたい次のようなものでした。 「そんな少ないパターンで人を分類できるわけがな...

また、テスト後に詳細なレポートを読んでいて「当てはまりすぎていて怖い」と感じたり、逆に「これは強みと言えるのだろうか?」と疑問に思ったりする資質もあるかと思います。

ストレングスファインダーでは、その強みの名称、そして強みの解説に価値観と言えるものも織り込んでいるためこのように思えてくるのだと思います。

価値観とはなにか?自分だけの価値観を見つけて100%後悔しない人生を送る方法


 

オンラインテスト受講後、WEBサイトにログインすると自分の強み上位5つのレポートが見られます。それぞれ強みの詳しい説明も見られます。ここには載せきれない分量ですが、これでもかというぐらい数多く具体的な行動パターンが書かれています。

スポンサーリンク

オンラインテスト受講後、自分の強みはこのように表示されます。

レポートのほんの一部ですが紹介します。いわゆる要約版みたいなもので、これに加えてさまざまなシーンでの活用方法も紹介されています。
たとえば「強みを用いて人を率いるには」や、「この強みを持つ上司/部下に対応するには」といった感じです。

ギャラップ社には他のサービスもいろいろあります。
たとえば強みの分析結果をもとに個人や企業をコーチングする資格を得る「ストレングスコーチングコース」、 起業家としての才能を見る「ビルダープロフィール10」など。

スポンサーリンク

いつでも強みを確認できるスマホアプリ

スマホアプリもあって、ログインすると自分の資質の順位と概要説明が見られます。
これは自分の資質を見る画面。スマホアプリ自体は無料ですが、通常のテストを受けただけでは上位5つの強みしか表示されません。診断結果にロックがかかっているためです。

34個の強み弱みをすべて見るには、追加料金を払ってロック解除する必要があります。
ストレングス・ファインダーテストの34個の資質一覧はこちら。

ストレングス・ファインダーテストの34個の資質すべての一覧
このページでは、日本でも有名な強み診断ツールであるストレングスファインダーの強み一覧について概要を記載しています。 ストレングス・ファインダー(Strength Finder)のテストを受けた後に表示される自分の資質は34種類あります...

そうするとスマホアプリ上でもすべての結果が見られるようになります。

それぞれの強みの概要と詳細も見られ、重い本を持ち歩かなくてもよくなります。

スポンサーリンク

どんな人がテストを受けるべきか?

  • 自分が何を得意としているかわからない
  • なぜこんな簡単なことができないのか?と他人に不満を抱いたことがある
  • どうしても苦手なことがあり自己嫌悪してしまう
  • サークルや学校、職場で人との距離がわからない
  • 就活先企業をイメージや規模でしか選んでいない
  • 管理職になったが部下や上司とうまくいかない
  • 営業成績がふるわない
  • 家族とうまくいかない
  • 今のままでは自分らしくないと感じている

こんなことがわかるようになります

  • 自分が生来持っている強み
  • 他人に貢献できるポイント
  • 無理せず最大の効果を上げるための行動のヒント
  • 人を率いる方法
  • 強みを生かしてより多くの収入を得るヒント
  • 苦手の克服法
  • 同じ強み弱みを持つ先人の行動

上位5つの強みを把握するだけでも、今後たくさん起こる人生の選択を、より早くより的確に下せるようになります。

また、下位の苦手とする資質もわかっていれば苦手なことに悩んだりストレスをためたりすることなく、強みを使ってよりよい解決法をとることも出来るようになります。

どうすればテストを受けられるのか?

オンラインアカウントを作成し、カードで支払いをすれば受けられるようになります。
もしくは、書籍を買うと中に「コード」が書かれているのでそのコードを使っても受けられます。

強み弱みがわかっても、活用の仕方がわからないとまったく意味がありません。
強み弱みの名前から、漠然としたイメージが自分の中に出来上がるだけです。
そのためまずは書籍を買ってみるのが一番分かりやすく、おすすめです。

書籍にはいろいろと初心者向けの情報が書かれています。
強み弱みの詳しい説明から始まって生かし方、活用事例など。

また、書籍はすべて日本語なので英語がわからなくても問題ありません。
まずは書籍から入り、物足りなくなったら英語の情報を探すことです。

※注意:上記でも書きましたが、中古書籍を買うと中の「コード」が使用済みになっています。コードはテスト受講時にギャラップ社のサイト内で入力する必要があり、一度使ったコードは二度と使えません。
新品の書籍を買わないとコードだけ別に買うことになり、無駄金なので注意してください。

ストレングス・ファインダー関連の書籍はいくつかでています。

一番基本になるのは、「さあ、才能に目覚めよう」です

 

コメント