ストレングス・ファインダー

Strength Finder(ストレングスファインダー)の特徴・組み合わせ・強みの活かし方

Strength Finder(ストレングスファインダー)は、『強み』という切り口で人が持つ価値ある資質を明らかにする性格テストです。

『強み』に着目し、伸ばし、活用していくことができれば自分やチームの弱みをカバーできます。

自分ではわからない自らの強み

けれど、意外なことにほとんどの人は自分の強みが分からないもの。もし分かっているとしても、ごく一部を漠然と認識しているにすぎません。

それは「『強み』にあたることは息をするようにあまりにも簡単に行えているから」です。

自分では気づきづらい強みですが、ストレングスファインダーはわずか30分程のテストであなたの持つ強みを白日の下にさらしてくれます。

ストレングスファインダーによって判明する強み

ここは、そんなストレングスファインダーについての情報を集めるページ。

ストレングスファインダーのテストを受けたことが無い人はどういったサービスなのかを知るのに、テストを受けたことがある人は見逃している活用方法が無いかどうか確認するために。

ぜひ最後までご覧になってください。

ストレングス・ファインダーとは - 特徴と全体像

ストレングスファインダーはアメリカのギャラップ社が開発したテストです。同社は70年以上もの長いあいだ人間に関する調査を続けている、歴史のある市場調査・コンサルティング会社。

いくつものサービスを行っていて、ストレングスファインダーはその一角をなすものです。(ストレングスファインダーの歴史・経緯はこちら)

ストレングスファインダーは日本でも非常に知名度が高いテストで、多くの企業・著名人が活用しています。ブロガーでも利用者が多く、WEB検索すると数多くの口コミが公開されています。

ギャラップ社では、膨大なサンプル調査によって人が持つ強みを34種類に分類しています。

ストレングスファインダーで判明するのは、このうち「上位5つ」となっています。追加料金を支払うと34つの強みすべての順番も知ることが出来、下位の強み(変な言葉ですが)にあたる「弱み」も知ることができます。

上位5つの強みを把握するだけでも、今後たくさん起こる人生の選択を、より早くより的確に下せるようになりますし、苦手とする資質もわかっていれば苦手なことに悩んだりストレスをためたりすることなく、強みを使ってよりよい解決法をとることも出来るようになります。

どんな人がテストを受けるべきか?

  • 自分が何を得意としているかわからない
  • なぜこんな簡単なことができないのか?と他人に不満を抱いたことがある
  • どうしても苦手なことがあり自己嫌悪してしまう
  • サークルや学校、職場で人との距離がわからない
  • 就活先企業をイメージや規模でしか選んでいない
  • 管理職になったが部下や上司とうまくいかない
  • 営業成績がふるわない
  • 家族とうまくいかない
  • 今のままでは自分らしくないと感じている

テストからわかること

  • 自分が生来持っている強み
  • 他人に貢献できるポイント
  • 無理せず最大の効果を上げるための行動のヒント
  • 人を率いる方法
  • 強みを生かしてより多くの収入を得るヒント
  • 苦手の克服法
  • 同じ強み弱みを持つ先人の行動

 

ストレングスファインダーテストの受け方3種

ストレングスファインダーはオンラインで受けるテストです。

有料テストなので登録と支払いが必要で、そのやりかたは3種類あります。

  • オンラインで登録し、カードで支払う
  • スマホアプリをインストールし、アプリ内で支払う
  • 書籍を買ってアクセスコードを入手し、オンラインに登録する

PCを使っているなら1番を、スマホを使っているなら2番が最も手間なく早く行えます。

ですが、お勧めは書籍を買って、綴じ込みに書かれているアクセスコードをオンラインで入力する方法です。これだと書籍の情報も入手でき、そのうえ一番安価です。書籍を買わない理由がほぼありません。
ストレングス・ファインダーテストの受け方・結果の受け取り方はこちらも参考にしてください

 

ストレングスファインダーで明らかになる強み(資質)たち

ストレングスファインダーのテストを受けると、あなたの強みが分かります。強みは34種類あり、下記のように短い単語で表されています。

ストレングスファインダー34個の強み

達成欲、活発性、適応性、分析思考、アレンジ、信念、指令性、コミュニケーション、競争性、運命思考、公平性、原点思考、慎重さ、成長促進、規律性、共感性、目標志向、未来志向、調和性、着想、包含、個別化、収集心、内省、学習性、最上志向、ポジティブ、親密性、責任感、回復志向、自己確信、自我、戦略性、社交性

書籍版のテストではこのうちの上位5つを知ることができます。追加料金を払えば34個すべて知ることができます。このうち下位にくる強みは『弱み』となります。

34個の強みすべてはこちらをご覧ください。

『強み』の活用方法・事例

テストからわかった自分の強みは、こんな場面で効果を発揮したり、活用したりできるようになります。

  • 自分に自信を持つことができるようになる
  • 自分にとって本当に重要な価値観が分かる
  • 自分の力を生かせる仕事、業界、職種がわかる
  • 人を率いて結果を出す方法、自分に合ったマネジメントのやり方が分かる
  • 苦手な弱みを、強みでカバーする方法が分かる
  • 自分の強みを使って他人を助ける方法がわかる

事例については、後日詳しく挙げていきたいと思います。

ストレングスファインダーの特徴・組み合わせ・活かし方まとめ

ストレングスファインダーはあなたの強みを浮き彫りにする性格診断。表現を変えると「ギャラップ社が調査・分類した34種類の強みをあなたに強くあてはまる順に並べ替えてくれるサービス」とも言えます。

自分の強みをきちんと認識してうまく活用すれば、人生の戦いにおいてアウェイを避け、ホームに持ち込み続けることができます。

もちろん自分の事に使うだけではなく

  • リーダーシップを発揮して人を率いる
  • 上司や部下のマネジメント
  • 他人の良いところに目を向ける

といったことができるようになります。

自分にとって強みは当たり前にできすぎて気づかないもの。自分自身と周りの人たちへ提供できる価値をあげるためにも、一度はやってほしいテストです。

 

関連記事

  1. コミュニケーションとは - ストレングスファインダー(Stren…
  2. 実行力の領域 - ストレングスファインダー(StrengthFi…
  3. 調和性とは - ストレングスファインダー(StrengthFin…
  4. 指令性とは - ストレングスファインダー(StrengthFin…
  5. 学習欲とは - ストレングスファインダー(StrengthFin…
  6. 未来志向とは - ストレングスファインダー(StrengthFi…
  7. 人間関係構築力の領域 - ストレングスファインダー(Streng…
  8. 着想とは - ストレングスファインダー(StrengthFind…

おすすめ記事

Kolbe A index(コルベAインデックス)テストの受け方・英語サイトでの入力方法を解説

この記事では、適正テスト「コルベインデックス」のテストの流れを紹介していきます。コルベインデックスは…

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. Kolbe A index(コルベAインデックス)テストの受け方・英語サイトでの入力方法を解説
  2. ISTPタイプの適職・天職は?-MBTIからぴったりの仕事探し
  3. あなたのタイプ別、つまらない勉強を楽しくする方法【報酬を与える・省力化する・競争させる・ゴールから逆算する・概念を整える】
PAGE TOP