注目キーワード
  1. MBTI
  2. 価値観
  3. 天職
  4. タイプ4
  5. INTJ

このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。

人はだれでも他社を惹きつけコミュニケーションするための特性を持っており、それをわかりやすくイメージさせるために、ハウトゥファシネートでは「アーキタイプ」と名付けています。

アーキタイプは42個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。もし42個すべてをざっくり見てみたいならこちらのページへどうぞ。

本格派:信頼×情熱

本格派ってどんな人?

世の中に「本格派タイプとは一緒に働きたくない」などという人はいるのでしょうか?

本格派タイプは、穏やかなチームプレイヤーで、とても話しやすい人です。みんなの話に耳を方向け、何でも受け入れる寛容さを備えています。

明朗快活な正確で、周りの人との強い心の絆を気づくことができます。頼りがいがあり、誠実で、器が大きく、周りの人望を集めています。たとえば、前の週に部下の子供の具合が悪かったなら、そのことをちゃんと覚えていて様子を尋ねたり、同僚の誕生日に手作りのケーキを用意したりと、優しい気遣いのできる人です。

はっきりものを言う人ですが、声を荒げる事はありません。とても面倒見がよく、親身になって相談に乗ってくれる上司になるタイプです。

アーキタイプ・ツイン

アーキタイプ・ツインはあなたのアーキタイプと非常によく似たアーキタイプのことです。使っている上位2つのアドバンテージは同じですが、第1・第2の順番が異なります。ツインについて学ぶことで、人から自分がどう見えているのかを更に別の角度から捉えられます。

愛される人

アーキタイプ ”愛される人” とは-How to Fascinate

ダブル・トラブル

強いストレスと感じたり、圧倒されたり、恐怖を感じたりしたとき、いつもの健全なバランスが崩れ、あるアドバンテージの特徴が悪い方に目立ってしまう状態のことです。第1アドバンテージに頼りすぎると、普段は強みとなっている特徴が弱点になってしまいます。

信頼を第1アドバンテージとするアーキタイプのダブルトラブルは、保守派です。

保守派

保守派-How to fascinate「信頼」のダブルトラブル

本格派を表す5つの形容詞

1.近づきやすい

人と対立つすることがほとんどなく、オープンで率直です。プライベートでも仕事でも、悩みを相談したくなる人であり、気兼ねなく本音で話せる相手です。

2.頼れる

この人の堅実な態度は、周囲に安定感をもたらします。たとえ流動的で競争の厳しい環境であっても、その姿勢は変わりません。たとえば、新たなライバルが市場に参入してきたことに他の人達が慌てていても、本格派タイプはいたって冷静に、「自分たちにはお客様との間に築いてきた貴重な信頼関係があり、それはすぐに崩れるようなものではない」と指摘するでしょう。

3.信頼できる

人々は、本格はタイプが与える安心感と寛容さに惹かれます。新入社員には「受け入れられている」と感じさせ、インターンには、進むべき道が見つかるようサポートを提供します。問題や心配事が何であれ、本格派がいつも近くで見守っていてくれます。

4.感じがいい

協調性があり、みんなが心地よく過ごせるよう配慮します。多くの人に好かれるタイプで、誰かの陰口を言うこともありません。

5.善意にあふれる

大切なチームメンバーや家族のことを心から気にかけています。昔からの友達とはフェイスブック、メール、電話などでまめに連絡をとっています。

本格派らしい独自の価値とは?

全身全霊で仕事に打ち込む彼らの姿に、チームのみんなも感化されるでしょう。チームに1人は射て欲しいタイプです。頼りがいがあって、勤勉で意欲的で、人気者です。

チーム内にフレンドリーな雰囲気をつくり出すのが得意で、新入社員も家族のように扱い、居心地の悪さをかんじさせないよう配慮します。周りの人のやる気を出させて巻き込み、みんなで協力し合えるよう働きかけます。本格派は、その忠誠心と温かい人柄により、強力な人脈を築きます。

本格派らしさが生かせない環境とは?

自分のキャラクターを生かして人との繋がりを築き、ものごとを成し遂げます。職場でも自宅でも、厳しい「しつけ係」の役割を果たすことはありません。ムチよりもアメを使うことを好み、権威ではなく、見本を示すことで人を率います。

個人プレーは得意ではありません。チームで協力し、社内外で人間関係を育むことができる環境において、持ち味を発揮するタイプです。

本格派の良さを生かすには?

重要なお客さんだけれで、ちょっと変わった人なので、人間関係を築くのに苦労している・・・・・そんなときは、本格派に任せてください。ものすごく気難しい人にも高く評価されるタイプで、長く続く関係を、時間をかけてじっくり築きます。

社内政治が良好な会社経営の妨げになっている?それなら、上層部レベルの団結心を育むために本格はタイプを起用してみてはいかがでしょう。人を大事にし、何事にも献身的に取り組む本格派タイプが入ることで、幹部同士がもっと顕密に連携できるようになるはずです。

本格派のベストパートナーになりうるアーキタイプは?

チームのみんなが、大きな目標を達成することに集中できるよう仕向ける「チェンジ・エージェント」。

アーキタイプ ”チェンジ・エージェント” とは-How to Fascinate

未知なるものを受け入れやすくする「進化」。

アーキタイプ ”進化“ とは-How to Fascinate

本格派から学べること

会社で最も価値のある資産は「人」である。

本格派へのワンポイントアドバイス

あなたは、献身的に仕事に取り組むすばらしいチームをつくり上げています。でも、期日を守ることも忘れないでください。チームの力を引き出すために、目標を達成できなかった場合のネガティブな結果を示すことも必要です。

みんなあなたの人柄に惹かれ、あなたの下で働くことを楽しんでいます。ですが、まあまあの出来に甘んじることを許してはなりません。ときには、厳しい一言でみんなの気持ちを引き締めることも必要です。

本格派のアーキタイプをもつ著名人

マザー・テレサ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5

ウォルト・ディズニー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%8B%E3%83%BC

本格派のキャッチフレーズの一例

近づきやすい関わり

本格派がこのキャッチフレーズを具現化し、活躍している例

リリーは以前から、人と関わる仕事に就きたいと考えていました。そのため、会社の教育・能力開発部門への移動の話を持ちかけられたときには、とても嬉しく思いました。彼女の上司は、リリーの移動後、社内の雰囲気が変わったことをすぐに察知しました。

多くの社員の生産性が上がり、チームワークが良くなったのです。

それはリリーが、社員の士気を高めるために同じ業界の大手企業が採用している手法を幅広く調査したことによるものでした。大手ライバル企業で効果があった方法なら、自分の会社でも効果があるはずだと考えたのです。その調査をもとに、リリーは社員の積極的な学習を促す信頼性の高いシステムを構築しました。さらに自分の近づきやすく優しい人柄を生かしながら、そのシステムを利用するよう、みんなに勧めました。また、部下一人ひとりに声をかけ、問題があればいつでも相談に乗ることを伝えたことも功を奏したようです。

最新情報をチェックしよう!