「三つの脳」モデルの考え方を理解すると、客観性が増して冷静になれる

金銭的成功
スポンサーリンク

このページでは、ヒトの脳は3つに分かれていてそれぞれ特徴を持つという、3位一体脳モデルについて触れています。

本能的をつかさどる部分、感情で動く部分、論理的に思考する部分です。

人が葛藤するときにはたいてい頭の中でこれら3つの脳が不協和音を起こしています。

スポンサーリンク

三つの脳の – 反射脳・情動脳・理性脳

3位一体脳なる理論があります。90年代にポール・マクリーン博士が提唱したもので、人の脳は大きく分けて3つの部分によって成り立っていて、それぞれ本能的、感情、理性を司っているという考え方です。

反射脳

主に生存本能を司ります。生き延びること、繁殖することを目的とした脳で、非常に強力です。人は本能には逆らえないといわれる本能の部分です。

反射脳=爬虫類脳=物理脳

書籍によって、また解説者によって表現に微差はありますが、爬虫類脳や物理脳と言われることもあります。

情動脳

感情系を司る脳です。自分の感情、他者の感情を重視し理屈が通じない行動をとることもしばしばあります。

情動脳=動物脳=感情脳

これも人によって表現はさまざまです。動物脳や感情脳ともいわれます。

理性脳

論理的に思考し、理性に根差した行動をとる最も人間の賢明さが表れた脳です。

理性脳=人間脳=分析脳

人間脳、分析脳と言われることもあります。

スポンサーリンク

3つの脳のバランスは同一ではない

原著ではなく後述するエベン・ペーガンのコーチング資料からの知識ですが、これらの脳の3つの部分は、均等に存在するわけでは無いそうです。

本能的に行動する人、感情移入が激しい人、論理的に考える人、人はどの部分も多少なりとも持ってはいますが、その割合は人により異なります。

たいていの人はどれかに偏っていて、完全に1/3ずつというわけではありません。

その分量によって性格の違いがでたり価値観の相違も起こったりします。逆に個性であり強みであり才能でもある優位性にもなります。

それによってどの職業に向いているか、ビジネス市場でどんな強みを発揮できるか、などにつながっていくとのことでした。

また、たいていの人は感情と理性のはざまで葛藤することが多々あります。そんなときも、この考え方を知っていれば「自分の中の動物脳がこう欲求を出しているのか」、とか「分析脳がこのように考えているから逆の方向へ引っ張り合ってそれが葛藤になっているんだな」と一歩引いて捉えることができ、冷静になるきっかけになります。

他人の行動、その動機、強い脳領域などにも自然と思いをはせることができるようになり、反射的に構えることがなくなって人づきあいが楽になります。

スポンサーリンク

より詳しく知るには

日本語訳版もありますが、販売中止になっていて中古本として買うしかないようです。AmazonMarketPlaceにありますが、多少割高になっています。

そしておそらくこちらが原書です。書籍としては相当高く、2017/12/12現在40000円を超える出品しかありません。

 

この3位一体脳モデルは、海外のマーケッターであるエベン・ペーガン(Eben Pagan)が好んで自分のコーチングプログラムに取り入れている考え方です。

彼は恋愛指南の情報商材で成功した後、ビジネスコーチとしてさまざまな教材を売り出しています。

才能を収入に結び付けるための教材「ターニング・ユア・タレント・イントゥ・インカム(turning your talent into income)」ではセッションのひとつとして自分を知る段階があり、その中でこの3位一体脳モデルについて触れています。(マイヤーズ・ブリックスとあわせて)。

おそらくエベンペーガンの作成した他の教材でも言及があったと思います。

ターニング・ユア・タレント・イントゥ・インカムは、いまのところ直接購入する確実な方法はないようです。

ですが、エベン・ペーガンのほかの商品を買っているとダイレクト出版がメルマガなどで薦めてくるはずです。私はそれでこの商品を知り、購入しました。

「他の商品」はいくつもありますが、コーチングプログラムは若干高めです。

書籍なら無料キャンペーン(送料はかかる)をしていることが多く、ローリスクです。今はこの書籍が送料のみで手に入ります→あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法

 

 

 

コメント