恋人と価値観が合わないかも、と思ったら簡単に価値観チェックが出来るツール

2019-03-03

このページでは、あなたの価値観を知るための非常に簡単なテストである、リースモチベーションプロファイルテストについて記載しています。

価値観は信条や信念のことでもあり、人付き合いの基礎になるものです。価値観が合わないという理由で離婚したり友人関係が疎遠になったり音楽バンドが解散したりしています。

価値観は、それほど人間関係の基礎になるものです。価値観について考えたことが無い人も多いと思いますが、よい機会なので自分は人生に何を求めているのかを考えてみるきっかけにしてみてください。

あなたの価値観がわかるテスト

リース・モチベーション・プロファイリングテストとは、自らの欲求を16パターンに絞り込み、テストとプロファイリングによってそれを判定する心理テストです。

価値観を簡単に診断できるので、彼氏彼女とどうも価値観が合わない、とか一緒にいても気疲れするけど原因がわからない・・・

と言ったときに特に役立ちます。

 

モチベーションと名付けられていますが、日本人がよく使うやる気とは少し違って、ほぼ価値観とほぼ同じ意味だと思って下さい。

価値観とは、自分が大切にしたい正しいと信じる物事や行動パターンのことで
これはあなたをその行動へと駆り立てる根源的な欲求の元を探るテストです。

このテストのメリット

  • 簡単
  • 分かりやすい
  • 無料

この3点が最も大きなメリットです。簡単なので誰でも出来て、結果が分かり易いのでトレーニングをしなくても内容を理解することができます。
しかも無料です。(有料の詳細テストもありますが、簡易テストでもとりあえずは十分)

リース・モチベーションプロファイルテストのやりかた

まずひとつ目の価値観について、試しにテストしましょう

メモ用紙を用意して、次の質問を見てください。

これはあなたの中にある力の価値観を測る質問です。

他人を支配したい、影響力、指導力、支配力などを及ぼしたいという欲求があれば、それは力の価値観が重要であるというサインです。

質問

■力の価値観の重要度を測る質問

A

  1. 同世代の人に比べて、とても野心的だ
  2. いつも指導的な役割を果たしたいと思っている
  3. 同世代の人と一緒にいるときは、たいてい支配力を振るう

B

  1. 同世代の人に比べて、極端に野心がない
  2. 人と一緒に居るときは全般的に、従属的な態度をとりがちだ
結果

Aの3つの質問の中に、当てはまるものがありますか?

そしてBの2つの質問の中に、当てはまるものがありますか?

ABどちらの中にも当てはまるものがあれば、あなたにとって力の価値観は「人並みに重要」となります。

ABどちらの中にも当てはまるものが無い場合も、あなたにとって力の価値観は「人並みに重要」となります。

Aのみに当てはまるものがあるなら、その価値観は「とても重要」になります。
Bのみに当てはまるものがあるなら、その価値観は「それほど重要ではない」となります。

これで、あなたにとって力の価値観の重要性がわかりました。

では、先程のメモに力=重要(or人並みorそれほど)と書き込み、残り15個についてもテストしていきます。

16個の価値観=欲求テストはこちら

一旦このページに行って、テストを受けてメモに結果を書き込んでください。
そしてまた、このページに戻ってきてください。

自分と相手の結果のすり合わせ方

別の紙に、縦軸に重要度、横軸に価値観を書き込んでいきます。

そして自分のテスト結果を●や■などで書き込み、その後線でつなぎます。
相手にもテストをやってもらい、その後線でつなぎます。

そうすると、価値観の違いが一目瞭然になります。

サンプル

言葉だけで説明するのはわかりにくかったので、サンプルを出します。
価値観を最初の5つピックアップして、結果を書き込んでみたものです。

赤い点があなた、緑の点が相手だとします。

サンプルの場合、5つの価値観のうち、点が重なり合うのが2つ、1個分離れているのが1つ、2個分離れているのが2つあるということになり。

重なり合っていれば、価値観があう。

点が重なり合っていれば、価値観があうということです。

重要のライン上で重なっていても、人並みのライン上でも、それほどのライン上でも構いません。下の図で言えば力、権力と言ったものに対する価値観や欲求はどちらも人並みにあるということで、相性バッチリです。

1つ分離れていれば、完全にあうとまでは行かなくても許容範囲

承認の価値観は、あなたが重要で相手は人並みになっています。
同じライン上にはなく、1つ分離れています。

これは、価値観が響き合うような相手ではないが、許容範囲内であるという意味です。

下の図で言うと、あなたは承認欲求が強くSNSで「いいね」をされたり褒められたりしたい欲求が強いのですが、相手は人並み程度なのであなたほどは人から認められることに躍起になっていません。お互い少しずつ相手に歩み寄ることで摩擦を防ぐことができます。

2つ分離れていれば、その価値観は合わない可能性が高い

一方、好奇心と秩序の価値観においてはどちらも2つ分離れてしまっています。
この場合は、価値観が合わないと感じる場面が多いはずです。

【好奇心】あなたは好奇心が強く知識を得たいと思っていて知らないところに出かけていったり本を読んだりするのが好きですが、相手はそういったことに興味が無いようです。

あなたには相手が保守的でつまらない人間に映り、相手にはあなたが持つエネルギー量に呆れて眺めています。

【秩序】あなたは部屋がちらかっていてもあまり気にならず、ルーチンワークよりもどんどん新しい行動をしたいと思っていますが、相手はいつもどおりの行動をし、いつもどおりの結果が得られることで満足します。

あなたには相手が細かすぎてうるさい人間に映り、相手にはあなたがズボラに見えます。

こうなると、どちらかが許容するだけでは足りず、その価値観の部分では相手のことがよくわからなくなりすれ違いになります。

16個の価値観ごとに自分と相手の重要度がわかります

こういった価値観ごとの自分と相手の想いがわかることがこのテストのメリットです。

それが16個もあるので、日常のほとんどの場面で起きることは網羅できているでしょう。

まとめ

より詳しい解説は書籍をどうぞ。コミックス程度の厚みの本なので、すぐに読めると思います。欠品しているなら中古品で探すか、もしかすると図書館にあるかもしれません。

スポンサーリンク