アーキタイプ ”サトル・タッチ” とは-How to Fascinate

ハウトゥファシネート
スポンサーリンク

このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。

人はだれでも他社を惹きつけコミュニケーションするための特性を持っており、それをわかりやすくイメージさせるために、ハウトゥファシネートでは「アーキタイプ」と名付けています。

アーキタイプは42個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。もし42個すべてをざっくり見てみたいならこちらのページへどうぞ。

スポンサーリンク

サトルタッチ:神秘性×情熱

サトル・タッチってどんな人?

控えめなコミュニケーションで人を惹きつけるサトル・タッチ。「合理的な考え方」と「温かい人情味」が融合した独特のキャラクターを持つ人です。愛情のこもった優しい雰囲気で、すぐに人と打ち解けることもあれば、感情を表に出さないこともあります。

いろいろな顔を持つ人で、距離を置いたほうが場面なのか、感情を表したほうがいい場面かを鋭く判断し、うまく使い分けます。

職場では、極力目立たないようにしています。慎重はで口が固く、このタイプの人が噂話をしているところなど見たことが無いはず。静かに粛々と仕事に打ち込むタイプです。社交辞令定期なうわべだけの会話も出来なくはないですが、しっかりと中身のある会話を好みます。

「サトル・タッチ(かすかな感触)」という名前は、温かい手でそっと触れるような、温もりのある繊細なコミュニケーションに由来しています。

アーキタイプ・ツイン

アーキタイプ・ツインはあなたのアーキタイプと非常によく似たアーキタイプのことです。使っている上位2つのアドバンテージは同じですが、第1・第2の順番が異なります。ツインについて学ぶことで、人から自分がどう見えているのかを更に別の角度から捉えられます。

策謀
アーキタイプ ”策謀” とは-How to Fascinate
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 人はだれでも他社を惹きつけ...

ダブル・トラブル

強いストレスと感じたり、圧倒されたり、恐怖を感じたりしたとき、いつもの健全なバランスが崩れ、あるアドバンテージの特徴が悪い方に目立ってしまう状態のことです。第1アドバンテージに頼りすぎると、普段は強みとなっている特徴が弱点になってしまいます。

神秘性を第1アドバンテージとするアーキタイプのダブルトラブルは、デッドボルトです。

デッドボルト
デッドボルト-How to fascinate「神秘性」のダブルトラブル
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」にある、良くないタイプであるダブルトラブルのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 ...

サトル・タッチを表す5つの形容詞

1.臨機応変

選択する前に、その場の状況や話題を深く理解しようとします。たとえば、二人の候補者のどちらかを選択しなければならないなど、難しい決断をする際は、その二人の業績、能力。、経験などを体系的に分析します。どちらかというと論理的な事実を元に決断を下すほうですが、感覚に頼ることもあります。

2.自分のことは自分でできる

独立心・自主性がある人です。人との関わりが多すぎると息苦しく感じる場合もあるようで、カンファレンスをこっそり抜け出して自分だけの時間を創り、1人で一日を振り返るといったこともします。ですが、自分の責任は真摯にまっとうする、信頼できる人です。

3.目配りが利く

すべてを説明しないことが、かえって聞き手の心をひきつけます。交渉の場では何を考えているのか読めないのに、ランチタイムになると、最近見た映画の話などをして、すごく身近に感じることができる。といった二面性を持っています。発する言葉に気を配るタイプで、発言はすべて慎重に考えた末に出てきたものです。また気配りのできる人で、常に周囲の状況に注意を払っています。

4.深い洞察力がある

深いところまで読み込み、うわべだけで判断することはほとんどありません。ライバルの行動を分析し、相手が次にどう出るかを読むことが出来ます。たとえば、競合他社のプレスリリースからその会社が方向転換しようとしていることを察知したりします。大多数の人よりも深いレベルでものごとを理解しています。

5.意外性がある

手の内を見せないので、何を考えているのかわからない、と思わせる場合があります。理解していると思っている人でさえ、このタイプの人の突然の意思決定に驚かされることがあります。人に相談せずに自分1人で考えて決断し、なぜそうなるのかを詳しく説明しようとはしません。感情を抑える能力は、プレッシャーのかかる状況でも冷静さを保てるという大きな強みとなります。

サトル・タッチらしい独自の価値とは?

サトル・タッチは、理性と感情が見事に融合したキャラクターをもっています。事実を重視する、地に足がついた考えは「神秘性」のアドバンテージから来ている特徴であり、人情を理解する力は、第2アドバンテージの「情熱」から来ています。

たとえばツイッターでは、普段は気になった有益な情報などをシェアするだけで、プライベートについては書かないほうですが、ときどき、今度の旅行の話や、新規顧客の獲得に喜ぶなど、興奮をあらわにすることもあります。

サトル・タッチは言葉を慎重に選んで使うので、表現に無駄がありません。必要なことしか伝えず、常に目的を持って話します

サトル・タッチらしさが生かせない環境とは?

派手な表現や演出の効いたプレゼンを求めているなら、サトル・タッチは適任とは言えないかもしれません。注目を浴びるのはどちらかというと苦手で、目の前のタスクに集中的に取り組んだり、周りの人に気を配ったりすることのほうが得意です。自分の意見はあまり表に出さず、じっくり考えてから発言するタイプです。

サトル・タッチの良さを生かすには?

このタイプの人は知的で自主性があり、窮地に立たされても冷静さを失わず、その場で最も優先すべきことに意識を集中させます。混沌の中に落ち着きをもたらしてくれるサトル・タッチは、変化の耐えないスタートアップ企業にとっては魅力的な人材です。その分析力と系統だったアプローチはどんな状況においても大きな強みとなるでしょう。

サトル・タッチのベストパートナーになりうるアーキタイプは?

どんなこともワンランク上を目指す「勝利者」。チームの仕事のレベルを引き上げてくれるでしょう。

アーキタイプ ”勝利者” とは-How to Fascinate
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 人はだれでも他社を惹きつけ...

チームにクリエイティビティをもたらす「密偵」。

アーキタイプ ”密偵” とは-How to Fascinate
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。人はだれでも他社を惹きつけコミ...

サトル・タッチから学べること

最善の決断を下すには、理性と感情の両方が必要である。

サトル・タッチへのワンポイントアドバイス

自分のことをあまり語らないあなたですが、チームの中で一目置かれた存在です。その冷静な面持ちは、初対面のお客様や同僚などに「冷たい」「無関心」と受け取られる場合があります。

相手とすぐに心を通わせたいなら、あなたの中の「情熱」のアドバンテージを引き出して、つながりを築きたいという思いを相手にきちんと示しましょう。人を惹きつけて巻き込んでいくタイプではありませんが、ときにはひと踏ん張りして、いつもより大げさな表現で相手の注意を引き、心をつかむことも必要です。

サトル・タッチのアーキタイプをもつ著名人

ハリー・ポッター

ハリー・ポッターシリーズ - Wikipedia

ジョニー・デップ

ジョニー・デップ - Wikipedia

サトル・タッチのキャッチフレーズの一例

そつのないメソッド

サトル・タッチがこのキャッチフレーズを具現化し、活躍している例

企業弁護士であるキャシーには、一筋縄ではいかない人々に対応したり、厄介な状況を処理しなければならない場面が多々あります。人がどう感じているか、どう交渉すればクライアントのためになるかを、キャシーは常に意識するようにしています。自立心があり、さまざまな事実をすべて把握しておきたい彼女は、前もって念入りに下準備を行います。こじれた案件や、一触即発の状態にある案件では、関係者みんなが冷静に、集中して取り組めるようサポートする役目を果たしています。

コメント