How To Fascinate(ハウトゥファシネート)、人を引きつける魅力にフォーカスした自己診断

概要・診断方法(ハウトゥファシネート)
スポンサーリンク

このページでは、人を惹きつける長所を発掘するテスト「How to fascinate」について、概要を記載しています。
このテストを受けて自分のことを理解すると、もしあなたが社交的ではないとしても、目立つのが苦手だとしても、それらには無関係に自分らしく自然体でストレスなく人の感心を引く方法がわかります。

スポンサーリンク

ハウトゥファシネートとは

「人を惹きつける能力を、諦めていませんか?」
これは広告業界で多くの惹きつけるクリエイティブを作ってきた、サリー・ホッグズヘッドの言葉です。

ファシネートとは、他者を惹きつける魅力のこと。
魅力は良くも悪くも人の目を引き、意識を向けさせます。

企業の魅力あるブランドを研究するところから派生した、自分の魅力(アドバンテージと呼ぶ)の発見、開発プログラムがハウトゥファシネートです。
提供は、ファシネート社(http://www.howtofascinate.com/

長年企業のブランディングに携わってきたサリー・ホッグズヘッド氏が、 企業の製品・サービスでの魅力開発から個人へとブランディングの軸を移して展開したサービスがハウトゥファシネート。

ブランド、魅力といった他人からどう見られているかという視点は他のサービスには無い独自のもので魅力、長所を自分の長所=アドバンテージと捉えます。

最も生かされている長所を第一アドバンテージ
第一アドバンテージを補完する第二アドバンテージ
自分が苦手とする休止アドバンテージの3つを軸にロジックが展開します。

スポンサーリンク

ハウトゥファシネートのテスト結果の例

下記は、私のテスト結果です。
結果はすべて英語ですが特に難しくはありません。

WEBの回答(英語)から自分の魅力をピックアップしたら、
書籍(日本語)を見て理解を深めるというやり方で大丈夫です。
英語のレポートも必ず見るべきところは少なくて、下記の写真なら
「01」と書かれている黄色い部分が第一アドバンテージで、私は「イノベーション」、
「02」が第二アドバンテージの「神秘性」、
少し開けて青色になっているのが休止アドバンテージの「信頼性」
※色はそのアドバンテージを表すカラーなので人によって変わります

スポンサーリンク

42種類のアーキタイプ

このサービスで、アドバンテージは7種類に分類されています。
そして第一アドバンテージと第二アドバンテージが交差した位置が自分のタイプとなります。
この自分のタイプを、「アーキタイプ」と呼び、
私の場合なら、イノベーション×神秘性=密偵 がアーキタイプです。

42種類のアーキタイプはこちらを参照してください。
42種類のアーキタイプ-7つの魅力の掛け合わせ
このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」の各タイプについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。 このテストでは、個人のタイプ分けそ...

誰もが持つ二面性、ツイン

また、第一アドバンテージと第二アドバンテージが入れ替わった場合のアーキタイプを「ツイン」と呼びます。
本来のアーキタイプよりは目立たないが自分を特徴づけるアーキタイプであり、
もう一つの側面、のようなものです。私は「秘密兵器」でした。

行き過ぎたがゆえの弱点、ダブルトラブル

それから、長所も過ぎれば短所になりえるということを診断に取り入れてもいます。
これを表したのが、ダブルトラブルで魅力の重複(ダブル)がゆえのトラブルです。

第一×第二アドバンテージという異なる要素で形作られた魅力が、
第一×第一アドバンテージになると一転して短所になるというロジックです。

第一アドバンテージのみが交差したセルにはネガティブな説明ばかりがあります。
これが長所が出すぎたがゆえの短所とみなされています。

イノベーションが第一アドバンテージなら、イノベーション同士が重なった「アナーキー」がトラブルを呼び込みやすい状態。うまくいかないな、と思ったときは結構な確率でここに来ているというのが実感できます。

そしてそのトラブル状態を解消するには、第2アドバンテージを意識して使うようにすればよい。
これが最も簡単なトラブル解消方法です。

自分の魅力を一瞬で伝えるキャッチフレーズメソッド

ハウトゥファシネートでは、アーキタイプに基づく自分キャッチフレーズ造りにも言及しています。キャッチフレーズとは、他者に対してどんな貢献ができるか、という自分が提供できるベネフィットです。

キャッチフレーズを作り、生かす方法まで書かれているのでハウトゥファシネートは実践的です。自己紹介やSNSのプロフィールなんかに組み込めば、即効性があります。

どんな人がテストを受けるべきか?

  • 自分には魅力なんてないと思っている
  • 得意なことがわからない
  • 他人の出来なさ加減に腹が立つ
  • 得意なことへの力の入れ具合がわからない
  • どんな価値を周りに与えられるのか知りたい

こんなことがわかるようになる

  • 自分の特性
  • 社会への価値の還元方法
  • 得意なスタイル
  • 魅力をより高める方法
  • 自分の優位性を一言で表せるキャッチコピーの作り方
  • うまく他人と付き合う方法

他のサービスにはあまり無い特徴として、
相反する特徴をもつ診断結果も説得力ある形で提示できている
という点があります。

情熱を持って人を引っ張るタイプもいれば、情熱を内に秘めてコツコツ取り組む人もいる。
目新しさで大衆を引きつける人も、裏方から革新を煽動することが向いている人もいる。

同じ長所を持っていても生かし方が異なる、という点をうまく表しています。

スポンサーリンク

どうすればテストを受けられるのか?

書籍を買うとテストの受け方の案内も載っています。
出版社が運営しているWEBページのアドレスが書かれていて
そこに行くとテストページ(英語)へのリンクがあります。

テストページは英語ですが、それを日本語訳したものが出版社のWEBページにはありますので英語が全然ダメでも理解できます

テスト結果は日本語書籍を見れば理解できます。
要は本を買って読めばそれですべてやり方がわかるようになっています。


あなたはどう見られているのか -2つの強みから導く、あなただけの魅力-

 

実は、書籍を買わなくてもテストは受けられます・・・
出版社のWEBページに認証はかかっていませんし、Google検索でもヒットします。

ただ、「あなたはどう見られているのかをお買いになった皆様へ」と書かれているとおり書籍購入者向けのサービスです。

そのうえ、そもそも書籍が無いと自分の魅力の生かし方も全然わかりません。

書籍を買わずにテストだけ受けても 「へー 自分のアーキタイプは〇○か」
だけでそのうち忘れてしまうでしょう。

素通りするのは人生の大きな損失になりかねない魅力がこのテストにはありますので
是非、書籍と合わせて入手してください。

※「あなたはどう見られているのか?」は日本語版、
「How the World Sees You」 は英語版です。


あなたはどう見られているのか -2つの強みから導く、あなただけの魅力-


How the World Sees You: Discover Your Highest Value Through the Science of Fascination

コメント