注目キーワード
  1. MBTI
  2. 価値観
  3. 天職
  4. タイプ4
  5. INTJ

このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。

人はだれでも他社を惹きつけコミュニケーションするための特性を持っており、それをわかりやすくイメージさせるために、ハウトゥファシネートでは「アーキタイプ」と名付けています。

アーキタイプは42個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。もし42個すべてをざっくり見てみたいならこちらのページへどうぞ。

勝利者:威信×権力

勝利者ってどんな人?

勝利者タイプは、壮大な目標を掲げる、力強いリーダーです。あらゆる面で卓越性を追求します。勝利者は自分の意見を自信たっぷりに堂々と伝えます。

たとえば、スタッフの中に思うように成績を挙げていないメンバーがいたら、勝利者は時間を無駄にすることなく、求めていることをその人にきっぱりと伝えます。また、チーム内に対立が生じたら、毅然とした態度で対処し、チームの軌道を修正します。

勝利者は、結果を重視します。混乱した環境下でも、目標を達成することに意識を集中させることができる人です。野心的で闘争心が強く、製品・手順・働き方などを向上させる方法を常に模索しています。端から見れば完璧なプレゼンだったとしても、勝利者タイプは、次はもっと良いものになるようにと、さらなる努力を重ねます。

勝利者は、実際に素晴らしい業績をあげており、周囲からも高い評価を得ています。

その名の通り、まさに勝利する人なのです。

アーキタイプ・ツイン

アーキタイプ・ツインはあなたのアーキタイプと非常によく似たアーキタイプのことです。使っている上位2つのアドバンテージは同じですが、第1・第2の順番が異なります。ツインについて学ぶことで、人から自分がどう見えているのかを更に別の角度から捉えられます。

マエストロ

アーキタイプ ”マエストロ” とは-How to Fascinate

ダブル・トラブル

強いストレスと感じたり、圧倒されたり、恐怖を感じたりしたとき、いつもの健全なバランスが崩れ、あるアドバンテージの特徴が悪い方に目立ってしまう状態のことです。第1アドバンテージに頼りすぎると、普段は強みとなっている特徴が弱点になってしまいます。

威信を第1アドバンテージとするアーキタイプのダブルトラブルは、インペリアルです。

インペリアル

インペリアル-How to fascinate「威信」のダブルトラブル

勝利者を表す5つの形容詞

1.尊敬されている

そのプレゼン手法は非の打ち所がないほど見事で、部下やクライアント、同僚から瞬く間に尊敬を集めます。ミーティングには必ず万全の態勢で臨むタイプです。

2.競争力がある

野心家で、その履歴書からは、めきめきと成長していることが見て取れます。自分が何を成し遂げたいのか、明確なキャリアパスを描いています。会社への貢献が大々的に評価されることに喜びを感じる、典型的な「やり手」です。

3.結果志向型

ただ仕事を終わらせるのではなく、他よりすぐれた成績を残したいと考える人です。たとえば起業家なら、自部が開発した新しいアプリがライバル社のものよりも多くのメディアで紹介されることを望みます。また、顧客満足度のスコアを前年よりもアップさせたい、製品アップグレードのたびに売上を伸ばしたいなど、常に向上することを望んでいます。「必ず改善できる部分があるはずだ」と考えているので、ひとつのところに安住しません。

4.集中力がある

会社の目標と自分の個人目標を常にしっかり見据え、他のことには気を散らしません。手に入れたい成果を明確に認識しています。

5.模範的

組織内のどんなポジションにいるかにかかわらず、強いリーダーシップを発揮します。同僚たちも彼らの成功をお手本にしています。ミーティングの分に気をつくるムードメーカー的存在です。

勝利者らしい独自の価値とは?

人の期待を超える仕事をする、優秀な人です。そして、チーム内に同じ目標に向かってうごいいていない人がいると苛立ち、及び腰の人やコミットしていない人に失望します。足踏みを余儀なくされるようなポジションには向いていません。勝つためにプレーするのであって、敗けないためにプレーするのは嫌いなのです。

生まれながらにして威厳を備えている勝利者は、単刀直入な物言いで相手に強い印象を与えます。結果を出すこと、強い力を維持することにエネルギーをつぎ込みます。

勝利者の良さを生かすには?

あなたの上司は勝利者タイプですか?その場合、部下であるあなたは、自分が目指すべき目標については明確に理解していると思いますが、上司が自分に何を期待しているのかについては、もう一度確認しておいたほうがよさそうです。また、与えられた品質基準を確実に超えることを、肝に命じて下さい。あなたの上司は、中途半端な仕事を許す人ではありません。

逆に、部下が勝利者タイプなら「褒めて伸びる」タイプだということを覚えておいて下さい。貢献に対する感謝の意をしっかり伝えるようにしましょう。素晴らしい成果を出した時には、みんなの前で賞賛することも、勝利者の力を引き出すコツです。

勝利者の力が最大限に生きるのは、リーダーのポジションです。高い基準へのコミットと天性の統率力で、チームのメンバーからすぐに尊敬されるようになるでしょう。

勝利者のベストパートナーになりうるアーキタイプは?

物静かな「賢いフクロウ」は信義に厚いチームを作ります。

アーキタイプ ”賢いフクロウ” とは-How to Fascinate

「射手」は複雑な問題を解決する巧みなソリューションを目指します。

アーキタイプ ”射手” とは-How to Fascinate

勝利者から学べること

目標を達成するためには、何にも邪魔をさせてはならない。

勝利者へのワンポイントアドバイス

あなたは見事にチームを率いて、すぐれた新製品の発売を実現しました。また、あなたが築き上げた強力かつ効果的なリーダーシップのスタイルは、素晴らしいと思います。

ただ、目標達成と成功だけに囚われすぎないように注意してください。周りはどう考えているのか、という視点も忘れないでください。発信するだけでなく、相手の話を聞く時間をもっと撮るようにしましょう。あなたの中にある「情熱」のアドバンテージを使って「チーム愛」を育ててください。チームの業績に対するあなたの喜びを伝えたり、チームの懇親会を開いたりして、団結心を育みましょう。

勝利者のアーキタイプをもつ著名人

エンツォ・フェラーリ(フェラーリ創始者)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA

勝利者のキャッチフレーズの一例

結果志向型の実行力

勝利者がこのキャッチフレーズを具現化し、活躍している例

レイチェルは、ハンディキャップゼロの圧倒的な強さを誇る、最高峰のゴルファーです。試合中は、他のプレイヤーの気持ちなど気にせず、手加減もしません。同上や油断をしていたら、優勝できないからです。彼女には競争力があり、そのことを誇りに思っています。彼女の家の棚にはトロフィーが並んでいます(敢闘賞などではなく、もちろん優勝トロフィーです)。どので試合があろうと、彼女は洗練されたパワフルなプレーを見せます。常に最高の力を発揮できるよう、1日最低50回はスイングの練習を行い、確実にボールをコントロールしています。

最新情報をチェックしよう!