Reiss Motivation Profile(リース・モチベーションプロファイル)-16の欲求から知る自らの価値観

リース・モチベーション・プロファイル
スポンサーリンク

このページでは、自分の欲求や価値観を知る手助けになるテストの概要について記載しています。

草食系という言葉が出てきて久しいですが、何事にも真剣になれない人は驚くほど多く存在します。一歩引いて、斜に構えてものごとを見てしまうという人です。

十分にお分かりかと思いますが、このスタイルにまったくメリットはありません。「つまらない人生だった」と言いながら死んでいく可能性は高いでしょう。

今からでも遅くありません。

あなたの心の底からの欲求は何なのか、ただでさえ少ない(かもしれない)あなたの欲求を掻き立て行動に駆り立ててくれるものはなんなのか、知るチャンスがここにあります。思い立ったが吉日です。

スポンサーリンク

モチベーション・欲求・価値観

遺伝子に刻み込まれた自らの欲求を16パターンに絞り込み、
テストとプロファイリングによってそれを判定する心理テスト。

そのことによって、だれでも自分をある行動へと駆り立てる大切な基本的欲求を見つけることができる、それがスティーブン・リース博士が提唱した「16の基本的欲求説」です。

提供は、IDS出版(http://www.idspublishing.com/

スティーブン・リース博士が提唱したReiss Motivation Priofileは各国にライセンスされており、欧州では http://www.reissprofile.eu/ が活動を行っています。

16の欲求にはこのようなものがあります

  • 独立
  • 好奇心
  • 承認
  • 秩序
  • 貯蔵
  • 誇り
  • 理想
  • 交流
  • 家族
  • 地位
  • 競争
  • ロマンス
  • 運動
  • 安心

ライセンスを受けて活動している企業に直接連絡し診断を受けると、各欲求の割合が細かくわかり、合わせてプロファイリングも行うことでその結果をより活かせるようになります。

ただ、そこまではハードルが高いな、という場合には簡易的な診断もできます。
書籍を見ながら16問回答し、それぞれの欲求についての自分の執着度合いを知ることができます。

何に対して欲求を持つかということは、それがそのまま自分の価値観にもなります。
迷ったときはなにを重視すればよいのかわかり、その行動の先にあるものが自分を駆り立ててくれることになります。

どんな人がテストを受けるべきか?

  • 自分が夢中になれるものがわからない
  • 人と価値観が合わないと思ったことがある
  • 身近な人の行動が不可思議だと思ったことがある
  • パートナー・配偶者と価値観があっているか確認したい

こんなことがわかるようになります

  • 本人が気づいていない人生の目標がはっきりする
  • 人それぞれの価値観があることがわかり、寛容になれる
  • 他人の行動を理解しやすくなりコミュニケーションがスムーズになる
  • 同居人と価値観を尊重しあうことができるようになる
  • 価値観の合わないパートナーかどうかすぐわかる
  • 価値観が合わなくても歩み寄れるヒントが見つかる

どうすればテストを受けられるのか?

結果を知り詳しく学ぶには、サービス提供者に連絡し、コンサルティングを依頼する(ハードルが高い)
書籍を購入し、自分で簡易診断してみる(オススメ)。
下記は書籍購入のリンクですが、現在(2017/7月)欠品していて中古品しか無いようです。
テストだけなら下記ページへどうぞ。

本当に欲しいものを知りなさい-欲求プロフィールの簡易テスト
このページでは、欲求や価値観を明らかにする手助けになる簡易テストについて記載しています。 日本版書籍名「本当に欲しいものを知りなさい」というスティーブン・リース博士提唱の欲求プロファイリングテストです。 きちんとしたものは専門家に依...

じっくりやってみるなら書籍がオススメです。


本当に欲しいものを知りなさい―究極の自分探しができる16の欲求プロフィール

私のテスト結果はこちらです。強烈な欲求は無く比較的淡々としています。

16の欲求から知る自らの価値観(リース・モチベーション・プロファイル)をやってみました。
このページでは、欲求や価値観を明らかにする手助けになる簡易テストをやってみた結果について記載しています。 日本版書籍名「本当に欲しいものを知りなさい」というスティーブン・リース博士提唱の欲求プロファイリングテストです。 きちんとした...

コメント