アーキタイプ ”賢いフクロウ” とは-How to Fascinate

2019-03-03

このページでは、魅力アドバンテージテスト「ハウトゥファシネート(How to fascinate)」タイプ分けのひとつについて、書籍「あなたはどうみられているのか?」から抜粋・編集した内容を記載しています。

人はだれでも他社を惹きつけコミュニケーションするための特性を持っており、それをわかりやすくイメージさせるために、ハウトゥファシネートでは「アーキタイプ」と名付けています。

アーキタイプは42個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。もし42個すべてをざっくり見てみたいならこちらのページへどうぞ。

賢いフクロウ:神秘性×信頼

賢いフクロウってどんな人?

決断する前に、状況を注意深く分析します。大きなプレッシャーがかかる場面でも、圧倒されたり、ストレスを感じたりすることなく、目標を達成するために最も効果的な方法を見出すことができる人です。

たとえば、年老いた母親が病気で倒れる、といった緊急事態に陥った場合、家族みんなに頼られ、司令塔の役割を果たすタイプです。また、プロジェクトが暗礁に乗り上げたときにも、どうすればいいか、同僚たちに意見を求められる存在です。部下も友達も「賢いフクロウ」の誠実さと献身ぶりを高く評価しています。

仕事の採用面接では、難しい質問をされても、堂々としています。また、製品発表直前の一番忙しい時期でも平静を保ち、やるべきことをひとつひとつ着実に片付けていきます。

思慮に富んだアドバイスを求めてみんなに頼られる存在であることから「賢いフクロウ」と名付けられました。人に何かを伝えるときは、極力無駄を省きます。気高く、用心深く、博識な人です。

アーキタイプ・ツイン

アーキタイプ・ツインはあなたのアーキタイプと非常によく似たアーキタイプのことです。使っている上位2つのアドバンテージは同じですが、第1・第2の順番が異なります。ツインについて学ぶことで、人から自分がどう見えているのかを更に別の角度から捉えられます。

アンカー

ダブル・トラブル

強いストレスと感じたり、圧倒されたり、恐怖を感じたりしたとき、いつもの健全なバランスが崩れ、あるアドバンテージの特徴が悪い方に目立ってしまう状態のことです。第1アドバンテージに頼りすぎると、普段は強みとなっている特徴が弱点になってしまいます。

神秘性を第1アドバンテージとするアーキタイプのダブルトラブルは、デッドボルトです。

デッドボルト

賢いフクロウを表す5つの形容詞

1.観察力がある

賢いフクロウはものごとをよく見ています。人の言動の変化を鋭く察知したり、プロジェクトのリスク因子に誰よりも早く気づきます。用心深く、よく気が回るので、標準的なプロセスからのわずかな逸脱も鋭く察知します。

2.毅然としている

チームにとって最適な決断をする能力に自身を持っています。衝動的に動くことはなく、思慮深く、毅然としていて、自らの経験と分析力を駆使して正しい決断を下そうとします。たとえば、品質の問題にぶつかったときは、過去にどのような解決策を取ったかを引き合いに出し、判断します。

3.穏やか

逆境に立たされても、落ち着いています。製品リコールが発生して、チームのみんながパニックに陥っても、1人粛々とプレスリリースの準備を進め、チームのみんなに、ソーシャルメディアの否定的な意見にどう対応すべきか指示を出します。混乱を極めた状況でも、常に平穏をもたらしてくれる頼れる存在です。

4.繊細

細やかなコミュニケーションが得意な人です。見込み客とのミーティングの前には、相手企業のソーシャルメディア、ウェブサイト、ブログ、その会社に関するニュースなどをくまなくチェックし、しっかりと独自の調査を行います。謙虚で気取らない態度と合理的な考え方で信頼を築きます。

5.論理的

決断を下す際には、良い面と悪い面を秤にかけます。休暇にハワイに行くかフロリダに行くか決めるときも、メリットとデメリットを検討します。旅行に出る前にやっておくべきことのチェックリストをつくったりもします。

賢いフクロウらしい独自の価値とは?

細部にまで目を光らせる人です。問題には体系的に取り組み、最善策を導き出します。日常業務はTODOリストに従って効率的にこなし、何の準備もせずにミーティングに参加することなど決してありません。自分が担当しているプロジェクトはすべて、詳細な進捗報告書をいつでも出せる状態にきちっと管理しています。アクションプランはすべて着実に実施します。

賢いフクロウらしさが生かせない環境とは?

このタイプの人は、切々と感情に訴えかけたり、仰々しいアピールをしたりすることはめったにないので、そのような演出が必要となる場面はあまり得意ではありません。相手を説得したい時は、理路整然と丁寧に説明します。あくまでも落ち着きのある、控えめなスタイルです。

賢いフクロウの良さを生かすには?

賢いフクロウは、1人でも仕事を進められる人で、考えていることをすべて口に出すタイプではありません。感情もあまり表に出しません。ほとんどどんな状況でもビジネスライクで、冷静な目的意識をもっています。

賢いフクロウは、構造化された仕事において才能を発揮します。多忙なスタートアップ企業では、混沌の中に秩序をもたらす存在となります。みんな、賢いフクロウの安定感のある思慮深いアドバイスを当てにするようになるでしょう。

賢いフクロウのベストパートナーになりうるアーキタイプは?

計画に沿ってアイデアを実現する上で大きな推進力となる「クイックスタート」。

権威をもって人々を率いる「マスターマインド」。

賢いフクロウから学べること

急がば回れ

賢いフクロウへのワンポイントアドバイス

ここ数年の間に、チームにおけるあなたの重要性、存在感が増したのではないでしょうか。あなたは目標に向かって一意専心し、難しい局面にも動じません。同僚たちは、あなたの実直で謙虚な姿勢を高く評価しています。ですがときには、尋ねられるまで待つのではなく、その貴重な意見を積極的に述べることも必要です。

自分を売り込むことが好きではないあなたですが、状況によっては、自らの業績をアピールすることも大切です。あなたの実力に見合った正当な評価を受けなければ、もったいないですよ。

賢いフクロウのアーキタイプをもつ著名人

スティーブン・ホーキング博士

孔子

賢いフクロウのキャッチフレーズの一例

繊細かつ鋭いソリューション

賢いフクロウがこのキャッチフレーズを具現化し、活躍している例

言語聴覚士であるケリーは、聴覚に障害をもつ人々をサポートしています。補聴器をつけることに抵抗を感じる患者さんが多いため、簡単な仕事ではありません。ゲリーは患者さん一人ひとりのニーズにじっくりと耳を方向け、その人にあったソリューションを提案します。そして、落ち着いた穏やかなトーンで、時間を掛けてその提案が患者さんに合っているかどうかを確認します。こうした丁寧なやりとりにより、患者さんは安心して自分に一番あった方法を見つけることができ、患者さんのリピート率の向上にもつながっています。

スポンサーリンク