副業選びで絶対ハズさないための3つのポイント

金銭的成功
スポンサーリンク

こんにちは、ipidemuです。

最近ますます副業解禁の流れになっていますが、何かされていますか?

会社では給料増えそうにないし、なにか始めるか!
・・・と思っても実際に何にすればいいか迷いませんか?

何事も経験だからととりあえずやってみる。というのもとても大事だと思います。ですがこの3つを押さえておくとまず副業選びを外さないというポイントがあります。

このポイントは、副業選びだけじゃなくて、就職でもブログのコンセプト決めにでもなんでも使えます便利な考え方です。

スポンサーリンク

副業選びで抑えておくべき3つのポイント

そのポイントとは、副業で何をするか決めるときに

  • 強み
  • 興味
  • 需要

の3つに当てはまるか意識することです。

図で書くとこのようになります。

この3つを輪を意識することで、何も考えない場合に比べると行動の初速は多少、遅くなるでしょう。
でも、それだけの価値はあるはずです。

また、もし今の仕事に不満が無くて(それはそれで幸せですね)も、新しい視点としてこの3つを意識することが出来れば、今までよりも会社や社会に対して価値を提供できるかもしれません。

  • 3つを満たす部署に移動できないか?
  • 3つを満たす新規事業はできないか?

などですね。そうすると給与アップや出世、リストラ候補に挙げられないなど、あなたにとって良いことづくめです。

3つすべてを満たすものがなかなか見つからない人もいるかもしれませんが、そのヒントになるようにあとから詳しく見ていきます。

強みについて詳しく

強みは、あなたが人より楽にできること・自然にできること・簡単に成果を出せる領域です。

副業として選んだものに、もしあなたの強みが無かったり活かせなかったりすると、人より劣る成果しか出すことができません。

自分が興味あることなのに明らかに自分より劣る人の方がよりたくさん稼いでる、成功しているのを横目で見てやる気を失うのが目に見えています。

こんなことにならないよう、一番見つけやすい「強み」から真っ先に確認しておきましょう。ストレングスファインダーがオススメです。お金を掛けたくないなら、グッドポイント診断という手もあります。


興味について詳しく

興味は、あなたが気になること、好きなこと、やめられないこと、ついつい調べてしまうことです。

副業として選んだものに、もしあなたの興味が無ければ、やっていることがつまらなくなり、むなしくなり、最終的には苦痛になります。継続することが出来ないので成果も徐々に頭打ちになります。自分の強みを生かすこともできずどんどんと自分より劣る人に抜かれていきます。そしてさらに興味を失うスパイラルです。

こうならないためには、あなたが何に「興味」を持っているのか、きちんと把握しておくべきです。興味はあなたの価値観とも交わる部分がかなりあるので、一度はっきりと把握しておけば今後の人生、死ぬまで役立ちます。

価値観についてはこちらでもっと詳しく触れています。

何に興味を持っているのか調べるには、16の欲望プロファイルなどを使うと比較的短時間に見つけられます。欲しいものや行きたいところを書き出してグルーピングしていくのもいい方法です。


需要について詳しく

需要は、社会がその仕事を求めているか、きちんと対価を払う空気があるか、今後無くなる仕事ではないか、などです。

副業として選んだものに、社会の需要がなければ、まったく儲からずじり貧になるでしょう。すぐフェードアウトし別の副業を探すはめになります。

需要がマニアックでニッチなものでも、インターネットのおかげで収益化はしやすくなりました。しかし、需要がまっとうにあるものを探すにこしたことはありません。需要の創出もできないではありませんが、いばらの道です。そこまでの覚悟とエネルギーが無いなら最初から需要がある領域を探しましょう。

社会的に需要があるかどうかを探すのは、自分の強みや興味を探すよりも手間暇がかかります。自分の外にあることで、常に移り変わっているからです。

需要を探す場合は、つぎのようなことに気を付けてリサーチしてみてください。

  • それを行う会社が多いか?
  • その問題を解決することで利用者はどのぐらい経済的利益を得るか?
  • すでにある相場はいくらぐらいか?
  • 社会的に問題があるものではないか?
スポンサーリンク

まとめ

副業選び、何をするのか迷ったら「強み」「興味」「需要」の3つが交わる仕事を探しましょう。

単純なことですが、これを押さえておくだけで少なくとも

  • 自分には向いてなかった
  • やっていてつまらない
  • 全然儲からない

という確率は激減するはずです。

コメント