WealthDynamics(ウェルスダイナミクス)テストの受け方、日本人は日本語サイトで。

2019-03-03

このページでは、資産形成に役立つ自己開発ツールのWealthDynamicsテストの受け方を紹介しています。

WealthDynamics(以下ウェルスダイナミクス)というのは、米国の起業家ジェイムズ・ロジャー・ハミルトンが考案したオンラインテストで、経済的な成功を主目的にした性格テスト+ビジネスメソッドです。

うまく活用すると今よりもっと多くの金を稼ぎ、影響力の輪を広げ、金融資産をすべて失ったとしても再起できる自分の基盤を築くことができるそうです。

つまり、資本主義社会の現代において人生を上昇気流に乗せるのに最も即効性のある方法だと言えます。

ウェルスダイナミクス自体が初耳だという人はまずこちら。

ウェルスダイナミクスは、当初米国のみの展開でした。

現在はそれを日本に持ち込んだ宇敷珠美氏が社団法人を立ち上げています。

おかげで、テストも回答もその後のセッションやセミナーもすべて日本語で完結できます。

ウェルスダイナミクステストの受け方

ウェルスダイナミクスには、無料と有料のものがあります。

無料なら、おおまかな自分のタイプがわかり、
有料なら、詳しくわかります。

まず無料版をやってみて、もっと知りたいと思ったら有料、という順で十分です。

無料版テストの受け方

特に難しいところはないと思いますが、念のために説明します。

無料版テストページ https://www.profiletest.net/easy_profilings/user/topfree
で、氏名とメールアドレスを入力。どうしても個人情報が気になるなら偽名と使い捨てアドレス(クイックメールなど)でも受けられます。

するとすぐにメールが届くので、本文中のURLをクリック。

開いたページでテストを受けていきます。

1問につき選択肢が4つあり、じっくり考えて回答していきます。
私がやったときは全6問でしたが、「6問ある」と断定されてはいないので増減するのかもしれません。

簡易テストの結果、私はダイナモでした。あなたはどうだったでしょうか?

ちなみに回答にはタイプ分けだけではなく、説明もあります。

このタイプのあなたは、いつもかつて無い革新的なアイデアが空から降ってくると感じているのでは?次々にアイデアは浮かぶけど、実現するのが追いつかず焦りを感じているかもしれません。未来に起こりうるビジョンを描いて人に伝えるのが得意です。

ピンチのときはとっさに「何をすれば?」「何を作れば?」などWHATの質問で切り抜けようとするタイプです。

【確信重視~確信でフローに乗る~】
フローに乗るには、常に新しいことを考え、次々と新しいことをスタートさせることが出来る役割に徹しましょう。

思考特性:直感的。自分のアイデアを起源とする思考プロセス

大切なもの:自己重要感

ダイナモの強みと弱み

エネルギッシュでダイナミック。物事を始める能力に優れているが、やり遂げることが苦手なことがある。

同じタイプの有名人:

スティーブ・ジョブズ、木村拓哉、松任谷由実、石原慎太郎、エジソン

これは、ダイナモのプロファイルの説明です。スチールやテンポ、ブレイズなら全く異なる回答になります。

 

有料版テストの受け方

有料テストは、無料テストの解説ページからのリンク、もしくはこちらから受けられます。
クレジットカード決済する必要があるので、本名と使い捨てではないアドレスで登録しましょう。だいぶ前に受けたのでキャプチャを撮っていませんでした。内容も覚えてないですが、無料テストよりも設問数は多かったはずです。

https://www.profiletest.net/sales/apply

 

現在地を知るスペクトルテストもオススメ

上記のテストはプロファイルテストで、「あなたはどんな人か」を知ることができます。

スペクトルテストでは現在地が分かるので、プロファイルと合わせて見れば「自分はどんな人間で、いまここからどうすれば成功するのか」がクリアに見えてきます。

 

 

 

スポンサーリンク