ストレングス・ファインダーテストの34個の資質すべての一覧

ストレングス・ファインダー
スポンサーリンク

このページでは、日本でも有名な強み診断ツールであるストレングスファインダーの強み一覧について概要を記載しています。 ストレングス・ファインダー(Strength Finder)のテストを受けた後に表示される自分の資質は34種類あります。 https://smtlabo.com/what-is-strengthfinder 誰がやってもこの数は34種類で変わることはありません。 簡易診断(有料。約10~20$程度)の場合は上位5個、 詳細診断(同じく有料。$89程度)なら34個すべての順序がわかります。 重要なのはこの出現順なのですが、人それぞれ異なるのでここでは順不同で34個すべてをざっくり見ていきます。

ACHIEVER - 達成欲

達成欲という資質を持つ人は、並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。 「達成欲」の持ち主は、常に達成することを求めています。内なる闘志を秘めています。 それが彼らを押上、より多くのことを達成させます。「達成欲」の才能が強い人は、毎日がゼロからのスタートのように感じます。その日の終わりまでに、彼らは何か意味のあることを成し遂げ、満足しなければなりません。この「毎日」とは、平日も週末も休日も含めた全ての日を意味します。たとえ小さなことでも何かを達成することなくその日が過ぎると、「達成欲」の才能の持ち主は不満に感じます。挑戦しがいのあるプロジェクトを終えると、残りの作業や簡単な業務で見返りを得ることはほとんど求めません。過去の達成が評価されたことに感謝しながらも、彼らのモチベーションは次の目標に向かって努力することに向いています。

能力と優位性

達成欲が上位資質である人は・・・ 達成欲が下位資質である人は・・・ 続く

達成欲とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、達成欲について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 達成欲の資質が上位にくる人の特徴 「達成欲」の資質が高い人は、並外れたスタ...

ACTIVATOR - 活発性

活発性という資質を持つ人は、アイデアを実行に移すことにより結果をもたらします。じっとしていることができないことが多いものです。 「いつから始められますか?」というのは「活発性」の才能の持ち主が繰り返し聞く質問です。「活発性」の才能が強い人は、動き出したくてうずうずしています。分析が有用であるとか、ディベートや討論が貴重なアイデアを生み出すことがあると認めていても、心の奥深くでは、行動だけが本物であると感じています。 決断が下されると、彼らは行動を起こさずにはいられません。他の人は「まだわかっていないことがあるのに」と戸惑うかもしれませんが、「活発性」の才能の持ち主は、これでペースを落とすことは無いようです。彼らは決断し、行動し、結果を見て、更に学びます。要するに、発言したことや考えたことによってではなく、実行したことによって判断されるということを、「活発性」の才能の持ち主は分かっているのです。このことが心配の材料となることはありません。これが彼らの活力なのです。

能力と優位性

活発性が上位資質である人は・・・ 活発性が下位資質である人は・・・ 続く

活発性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、活発性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 活発性の資質が上位にくる人の特徴 「活発性」の資質が高い人は、アイデアを実...

ADAPTABILITY - 適応性

適応性という資質を持つ人は、「流れに沿って進む」ことを好みます。「今」を大切にし、それぞれの時点で進む方向をひとつずつ選択することにより、将来を見極めます。 「適応性」の才能が強い人は、その瞬間を行きています。将来をすでに決まっているものとは考えていません。そうではなく、今選ぶ選択肢によって創り出すことのできる場所だと考えています。彼らは一つ一つ選択しながら将来を見つけていきます。これは計画性がないということではありません。彼らの持つ「適応性」という才能は、たとえ状況が計画から外れたものになっても、その時の要求に積極的に対応するつ能力をもたらしています。彼らは急な要求や予期せぬ回り道を不快に感じたりしません。そうなることを予期しています。実のところ、彼らはある程度それを待ち望んでいます。彼らは本質的に非常に柔軟で、状況によって一度にさまざまな方向へと引き込まれても、生産性を維持することができます。

能力と優位性

適応性が上位資質である人は・・・ 適応性が下位資質である人は・・・ 続く

適応性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、適応性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 適応性の資質が上位にくる人の特徴 「適応性」の資質が高い人は、流れに沿って...

ANALYTICAL - 分析思考

分析思考という資質を持つ人は、物事の理由と原因を追究します。状況に影響を与える可能性のあるすべての要素を考慮に入れる能力を備えています。 「分析思考」の才能が強い人は、周りの人に証明することを要求します。他の人ならすぐに事実として受け入れるようなことでも、批判的なアプローチを取ります。なぜそうであるのか理由を求めます。一定のパターンが互いにどのように影響するのか、どのように結びつくのか、その結果どうなるのかを理解したいと考えます。この結果が、提示されている理論や目の前の状況にふさわしいかなど、疑問を投げかけます。人は彼らを論理的で厳格であると見ます。ただ何かを理解しようとしているだけでも、否定的だとか、不必要に批判的だと感じる人もいます。客観的で公平な審査を行うことで、根本的な原因や影響を見つけ、事実に基づいて明確な考えを発展させることができます。

能力と優位性

分析思考が上位資質である人は・・・ 分析思考が下位資質である人は・・・ 続く

分析思考とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、分析思考について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 分析思考の資質が上位にくる人の特徴 「分析思考」の資質が高い人は、物事の...

ARRANGER - アレンジ

アレンジという資質を持つ人は、たくさんの要素を構成し管理することができると同時に、一度作り上げた構成にこだわらず、作り変えることをいとわない柔軟性をも備えています。すべての要素と資源をどのように組み合わせたら、最高の生産性を実現できるのかを考えるのが好きです。 「アレンジ」の才能の持ち主は指揮者です。たくさんの要素を含む複雑な状況に直面すると、「アレンジ」の才能が強い人は最も生産性の高い組み合わせで可変要素をアレンジしたと確信するまで、何度も並べ替えを繰り返し、すべての要素を自分で管理することを楽しみます。旅行の直前に、急にもっと割安な運賃が利用できることになって予定を変更する場合でも、新しいプロジェクトを成功させるために人材と資源の適切な組み合わせをじっくり考える場合でも彼らは柔軟性を効果的に発揮するという点ですばらしいお手本となります。単純なことから複雑なことまで、彼らは常に最善の「構成」を探します。変化の激しい状況でこそ、彼らは本領を発揮します。予期せぬ自体に直面すると、混乱の中に飛び込み、新しい道を模索し、新たなパートナーシップを見つけ出します。結局のところ、もっと良い方法があるかもしれないと思うからです。

能力と優位性

アレンジが上位資質である人は・・・ アレンジが下位資質である人は・・・ 続く

アレンジとは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、アレンジについて、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 アレンジの資質が上位にくる人の特徴 「アレンジ」の資質が高い人は、多くの...

BELIEF - 信念

信念という資質を持つ人には、その人の中核となる強い価値観があり、しかもその価値観は変わらないものです。その価値観を実現することが、人生の目標となります 「信念」の才能が強い人は、自分の生活にゆるぎない原則を持っています 。その価値は人それぞれですが、「信念」の才能が強い人は人生の目的に対する確固たる考えと強い感覚を持ち合わせています。この普遍的価値は多くの面で彼らの行動に影響を与えます。使命に対する彼らの感覚は、彼らの生活に意味と方向性を与え、彼らにとって成功はお金や名誉よりも重要です。「信念」の才能は彼らに方向性を与え、誘惑や心を乱すものがある中で、一貫した優先順位を保ちながら進んでいけるように彼らを導きます。この一貫性が彼らの人間関係の基盤です。周りの人からは頼りになり信頼できる人だと思われています。彼らのモチベーション、意欲、決意は、自分の価値や信念に従って生きることから生まれています。

能力と優位性

信念が上位資質である人は・・・ 信念が下位資質である人は・・・ 続く

信念とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、信念について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 信念の資質が上位にくる人の特徴 「信念」の資質が高い人は、核となる普遍的な価...

COMMAND - 指令性

指令性という資質を持つ人には、強い存在感があります。状況の主導権を握り、決断を下します。 「指令性」の才能が強い人は、自然に主導権を握ります。行うべきことを見極め、進んで発言します。彼らは対決に怯えることはありません。むしろ、対決は解決策を見つけるための第一歩であることを知っています。物事を人々に明確に示したいと考え、現実的で正直になるように相手に求めます。この才能を持つ人はリスクを負うことを恐れません。「指令」の才能が強い人は、ときに人を萎縮させることがあります。この才能を不快に思う人もいますが、多くの場合、周りの人は喜んで彼らに主導権を握らせます。立場を明確に示し、進んで先導する人に人々は惹かれるのです。

能力と優位性

指令性が上位資質である人は・・・ 指令性が下位資質である人は・・・ 続く

指令性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、指令性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 指令性の資質が上位にくる人の特徴 「指令性」の資質が高い人は、存在感があり...

COMMUNICATION - コミュニケーション

コミュニケーションという資質を持つ人は、一般的に自分の考えを言葉に表すのが得意です。話術に優れ、物事を印象的に説明するのが上手です。 「コミュニケーション」の才能が高い人は、説明すること、描写すること、進行役を務めること、人前で話すこと、書くことが好きです。彼らは天性の才能を活かして、アイデアや事実に命を吹き込み、生き生きとしたものに変えることができます。考えや行動を物語やイメージ、具体例、比喩に転換させます。アイデア、事実、新たな発券、教訓など、心に残るのは、このためでうす。そして最終的に、人々が彼らの話を聞きたがるのはこのためです。彼らの言葉で描かれたイメージは人々の興味をそそり、行動へと啓発するのです。

能力と優位性

コミュニケーションが上位資質である人は・・・ コミュニケーションが下位資質である人は・・・ 続く

コミュニケーションとは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、コミュニケーションについて、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 コミュニケーションの資質が上位にくる人の特徴 「コミュニケーシ...

COMPETITION - 競争性

競争性という資質を持つ人は、自分の進歩を他人と比較します。一番になるため、またコンテストで勝つために、相当な努力をします。 「競争性」の根源は比較することにあります。「競争性」の強い人にとって、彼らの成果は究極の評価基準となります。世の中を見渡す時、彼らは無意識に他の人の成果を気にします。最高であることを切に望み、秀でるため、特に他人との競争に勝つために、努力します。努力ではなく、勝つことが重要なのです。努力や目的に関係なく、競争相手を超える出来栄えで目標に到達していなければ、その成果が無意味に感じられます。彼らは比較することを必要としています。比較することで競争ができ、競争すれば勝つことができるからです。

能力と優位性

競争性が上位資質である人は・・・ 競争性が下位資質である人は・・・ 続く

競争性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、競争性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 競争性の資質が上位にくる人の特徴 「競争性」の資質が高い人は、自分の進歩を...

CONNECTEDNESS - 運命思考

運命思考という資質を持つ人は、あらゆる人や物事は互いに結びついていると考えています。この世に偶然というものはほとんど存在せず、ほぼあらゆる出来事には何らかの理由が存在すると確信しています。 偶然に起こることは一つもありません。「運命思考」の才能の持ち主は、心のそこからそう確信しています。 彼らは互いに結びついているという、強い信念を持っています。自分の判断や行動を自分で決めることができますが、「運命思考」の強い人は、自分たちは何かもっと大きな存在の一部だと信じています。この考え方には一定の責任感が付随しています。このような責任に対する認識が、彼らの価値体系を作り上げています。彼らは思慮深く、思いやりがあり、観葉です。人は皆同じであると確信しており、異なる文化を持つ人々の架け橋の役割を果たします。平凡な日常であっても意味があるのだという安心感を相手に与えることができます。彼らの信念は強固なものです。理屈では説明できないことに直面した時、この信念が彼らや彼らの親しい友人を支えます。

能力と優位性

運命思考が上位資質である人は・・・ 運命思考が下位資質である人は・・・ 続く

運命思考とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、運命思考について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 運命思考の資質が上位にくる人の特徴 「運命思考」の資質が高い人は、あらゆ...

CONSISTENCY/FAIRNESS - 公平性

公平性という資質を持つ人は、あらゆる人を平等に扱う必要性を確信しています。明確なルールを定め、それに従うことで、世界のすべての人を公平に扱おうとします。 「公平性」の才能が強人にとって、バランスはとても大切です。彼らは地位とは関係なく人々を平等に扱う必要性を強く信じています。そのため、誰か1人が特別扱いされることを望みません。彼らは、このようなことが利己主義や個人主義につながると考えています。「公平性」の資質が顕著な人は、自分自身を正しく公平な状況を作るための監視役だと考えています。特権がまかりとおる世の中とは対象的に、規則が明確で誰にでも平等に適用される矛盾のない環境にいてこそ、人は最高の働きが出来ると信じています。それは、誰もが何を期待されているかを分かっている環境です。それは予測が可能で、公正な環境です。 このような環境でこそ、人は自分の価値を発揮する公平な機会を持つのです。

能力と優位性

公平性が上位資質である人は・・・ 公平性が下位資質である人は・・・ 続く

公平性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、公平性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 公平性の資質が上位にくる人の特徴 「公平性」の資質が高い人は、あらゆる人を...

CONTEXT - 原点思考

原点思考という資質を持つ人は、過去や原型について考えるのが好きです。過去を調べることにより、現在を理解します。 ものの見方や背景は、「原点思考」の才能が高い人々に取って重要です。彼らは回顧的な視点にこそ答えがあると信じているため、それを重視します。現在を理解するために、過去を振り返ります。 彼らは方向付けの元型を過去から読み取ることができます。過去に巻かれた種を理解しているために、自然と将来をよく見通すことが出来るようになります。「原点思考」の強い人は、過去の出来事から派生するパターンが見えない時、方向性を見失ったように感じることがあります。周りの人は、特定の状況の歴史を理解しようと努力する彼らを見てイライラするかもしれません。しかし、最終的にはこの歴史的背景が彼らの意思決定に自信を与えます。

能力と優位性

原点思考が上位資質である人は・・・ 原点思考が下位資質である人は・・・ 続く

原点思考とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、原点思考ついて、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 原点思考の資質が上位にくる人の特徴 「原点思考」の資質が高い人は、過去につ...

DELIBERATIVE - 慎重さ

慎重さという資質を持つ人は、決定や洗濯を行うときに細心の注意を払います。あらゆる道のりには、危険や困難が待ち受けていると考えています。 「慎重さ」の才能が強い人は、用心深く決して油断しません。すべてが秩序正しいように見えても、表面下には数多くの危険が待ち構えていることを感じ取っています。彼らはこれらの危険を回避するのではなく、一つ一つを表面に引き出します。そうして、危険は一つづつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。いうなれば、「慎重さ」の才能が強い人は徹底的で注意深いアプローチでものごとを決定します。さまざまなオプションを検討し、それぞれの選択肢の良い点と悪い点を評価します。彼らにとって、正しい選択をすることは、そのためにかかる時間よりも重要なのです。人生は地雷原を歩くようなものだと彼らは考えています。他の人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けることを選択するかもしれません。しかし、彼らは違う方法を取ります。彼らは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。細心の注意を払って進むのです。

能力と優位性

慎重さが上位資質である人は・・・ 慎重さが下位資質である人は・・・ 続く

慎重さとは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、慎重さについて、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 慎重さの資質が上位にくる人の特徴 「慎重さ」の資質が高い人は、決定や選択を...

DEVELOPER - 成長促進

成長促進という資質を持つ人は、他人の持つ可能性を認識し、それを伸ばし、目覚めさせます。他人の小さな沈歩の兆候を見逃さず、このような進歩を実現することから充足感を得ます。 「成長促進」の才能の持ち主は、他の人が持つ潜在的な可能性を見抜きます。良い方向へと変化、成長、発展する能力を自然と見出します。こうした理由から、彼らは人に惹きつけられます。他の人の成長に携わることは、彼らにとって最高の経験のひとつなのです。相手を挑発する方法を探します。彼らは人々を伸ばし、成長を助け、成功を体験させるような興味深い経験を考案します。その間ずっと成長の釣行を探しています。学習して身につけたか改められた新しい行動、技能のちょっとした向上、卓越性の芽生え、以前なら一つ一つ意識しながらやっていたことが自然によどみなくできるようになる、そんなサインを待ち構えています。他の人に現れるこれらの成長の釣行は、成長促進の才能の持ち主にとって原動力であり、満足感を与えてくれます。

能力と優位性

成長促進が上位資質である人は・・・ 成長促進が下位資質である人は・・・ 続く

成長促進とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、成長促進について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 成長促進の資質が上位にくる人の特徴 「成長促進」の資質が高い人は、他の人...

DISCIPLINE - 規律性

起立性という資質を持つ人は、日課や秩序正しい計画に従うことを好みます。世界は自分が作った秩序の中に存在します。 「規律性」の才能が強い人は、組織化された秩序ある環境で力を発揮します。彼らは予測でき計画された日常を好むため、本能的に生活を秩序立てる方法を見つけます。毎日の日課を決めます。ものごとの進捗状況と締切に気持ちを集中します。長期的なプロジェクトは、連続性のある具体的な短期計画に分割し、一つ一つの計画をきちんと実行していきます。彼らは必ずしも几帳面でもきれい好きでもありませんが、正確さを求めます。必要に応じて秩序と構造を組み立てます。この非常に強い規律性を脅迫観念、 几帳面、支配欲などと呼ぶ人もいますが、この才能によって、多くの場合、彼らを批判する人々よりも優れた生産性を発揮します。

能力と優位性

規律性が上位資質である人は・・・ 規律性が下位資質である人は・・・ 続く

規律性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、規律性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 規律性の資質が上位にくる人の特徴 「規律性」の資質が高い人は、日課や身のま...

EMPATHY - 共感性

共感性という資質を持つ人は、自分を他人の状況に置き換えて考えることにより、他人の感情を察することができます。 「共感性」 の才能が強人は、周囲の人の感情を察することができます。彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。本能的に彼らの目で世の中を見ることができ、彼らの見方を理解できるのです。人々の痛みや喜びを、時としてそれが表に現れる前に感じ取ります。この本能的な能力は素晴らしい力思っています。言葉に発せられない問いかけを感じ、その人が何を必要としているかを理解します。他の人が言葉を探して苦労しているとき、彼らは適切な言葉を適切な言い方で自然に発することができます。その結果、相手が自分の感情を外や自分に向かってうまく言い表せるように手助けできます。相手の感情を言葉にする手助けができるのです。

能力と優位性

共感性が上位資質である人は・・・ 共感性が下位資質である人は・・・ 続く

共感性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、共感性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 共感性の資質が上位にくる人の特徴 「共感性」の資質が高い人は、自分を相手の...

FOCUS - 目標志向

目標思考という資質を持つ人は、目標を定め、その目標に向かって邁進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、その通り行動します。 「目標志向」の才能が強い人は、優先順位を付けてから行動に移ります。彼らは目標を設定します。この目標は彼らの羅針盤となり、優先順位を決定したり、行き先に向かうコースに戻るために必要な修正をする助けになります。彼らの目標志向は素晴らしい力を持っています。自分の行動をふるいにかけ、その行動が目標へ近づくために役に立つかどうかを本能的に評価してから行動するからです。最終的に、強い「目標志向」が彼らの効率性を高めます。ひたむきさが仕事の速度と品質を高め、チームを本筋に保つため、チームにとって彼らは非常に貴重な存在となります。

能力と優位性

目標志向が上位資質である人は・・・ 目標志向が下位資質である人は・・・ 続く

目標志向とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、目標志向について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 目標志向の資質が上位にくる人の特徴 「目標志向」の資質が高い人は、目標を...

FUTURISTIC - 未来志向

未来志向という資質を持つ人は、未来がどのようなものかについて考え、そこからアイデアを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々を高揚させます。 「未来志向」の才能が高い人は、水平線の向こうを見つめることが好きです。 彼らは未来に魅了されています。明日はどのようになるのか、どうあるべきかを、具体的に予測して想像します。彼らは通常、未来をポジティブに捉えています。どのような未来を夢見るかは、彼らの他の資質や興味によって異なります。より品質の高い製品だったり、より良いチーム、生活、素晴らしい世界を想像するかもしれません。いずれも、彼らを鼓舞します。このビジョンが彼ら自信と周りの人を活気づけます。彼らは周りの人の視野を広げ、精神を高揚させるような絵を描くことが出来ます。

能力と優位性

未来志向が上位資質である人は・・・ 未来志向が下位資質である人は・・・ 続く

未来志向とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
「未来志向」の資質が高い人は、未来と未来にできることを心に描くことで、ひらめきを得ます。未来についてのビジョンを語ることで、人々にエネルギーを与えます。 未来志向の資質が上位にくる人の特徴 このページでは、ク...

HARMONY - 調和性

調和性という資質を持つ人は、意見の一致を求めます。意見の衝突を嫌い、異なる意見でも一致する点を探ります。 「調和性」の才能が強い人は、平和を好み、他人同士を結びつけようとします。彼らの視点では、衝突や摩擦からはほとんど得られるものがないため、これらを出来るだけ最小限に抑えようとします。調和性の強い人は、衝突している人同士にも共通するものを見出します。対立を避け、和解へと導こうとします。事実、調和は彼らの行動を左右する価値観のひとつです。彼らは個人、家族、組織がともに協力する手助けをシたいと考えています。他の人が議論をしていても、論争を避ける方向にもっていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話す方を好みます。

能力と優位性

調和性が上位資質である人は・・・ 調和性が下位資質である人は・・・ 続く

調和性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、調和性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 調和性の資質が上位にくる人の特徴 「調和性」の資質が高い人は、意見の一致を...

IDEATION - 着想

着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。 「着想」の才能が強い人は、創造力があり、 独創性を認めます。ブレインストーミングやディスカッショングループなど、自由に考えることを楽しみます。彼らは生まれつき、多様な視点から問題を考える能力があります。誰でも知っている世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、以外な角度から眺めることができます。型にはまらない考えを持ち、新しいアイデアや概念に魅力を感じ、容易に思いつきます。彼らは着想が大好きです。なぜならそれは深い意味があり、目新しく、明瞭で、逆説的で、奇抜だからです。これらすべての理由で、新しい着想が生まれるたびに、彼らには電流のようにエネルギーが走ります。

能力と優位性

着想が上位資質である人は・・・ 着想が下位資質である人は・・・ 続く

着想とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、着想について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 着想性の資質が上位にくる人の特徴 「 着想」の資質が高い人は、新しいアイデア...

INCLUDER/INCLUSIVENESS - 包含

包含という資質を持つ人は、他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します。 「もっと輪を広げよう」というのが、「包含」の才能が強い人が人生の基本としている信条です。彼らは人々をグループの中に包含し、その一員であると感じさせたいのです。部外者だと感じている人や正しく評価されていないと感じている人に気づき、彼らに手を差し伸べてグループに参加させようとします。本能的に相手を受け入れることができます。「包含」の才能を持つ人は、人種、性別、国籍、性格、宗教に関係なく、相手を批判することはほとんどありません。彼らの「包含」という資質は、「人はそれぞれ違っており、その違いに敬意を払うべきだ」という信念に必ずしも基づいているわけではありません。むしろ、人は基本的にみな同じであるという確信にもとづいています。人は、皆同じように重要なのです。ですから、誰一人として無視されてはいけないのです。私一人ひとりがグループに含まれるべきです。

能力と優位性

包含が上位資質である人は・・・ 包含が下位資質である人は・・・ 続く

包含とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、包含について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 包含の資質が上位にくる人の特徴 「包含」の資質が高い人は、相手を受け入れるこ...

INDIVIDUALIZATION - 個別化

個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味を惹かれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。 「個別化」の才能の強い人は、ひとりひとりのユニークな個性に興味をそそられ、それを理解します。人を一般化することに我慢できず、個人個人の違いに注目します。彼らは本能的に個々の人の性格、動機、考え方、関係の築き方に注目します。他の人の強みをとても鋭く観察する人なので、一人ひとりの最もよいところを引き出すことができます。この「「個別化」という才能は、彼らが生産性の高いチームを作るときにも役立ちます。完璧なチームを作るにあたり、チームの「組織構造」や「作業手順」に着目する人もいますが、優秀なチームづくりの秘訣は、各自が得意なことを十分に出来るような、強みに基づく配役であるということを彼らは本能的に知っています。

能力と優位性

個別化が上位資質である人は・・・ 個別化が下位資質である人は・・・ 続く

個別化とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、個別化について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 個別化の資質が上位にくる人の特徴 「個別化」の資質が高い人は、一人ひとりが...

IMPUT - 収集心

収集真という資質を持つ人は、より多くの知識を求める知りたがり屋です。ものを集めたり、あらゆる種類の情報を蓄積したりするのが好きな人が、このタイプに多く見られます。 「収集心」の才能が強い人は好奇心が旺盛です。常にもっと多くの人たちのことを知りたいと思っています。彼らは情報が欲しくてたまりません。アイデアや本、記念品、引用文、事実など、特定の物を集めるのが好きです。ただ興味があるから、それを集めるのです。彼らは多くのことに興味を持ち、好奇心を生まれ持っています。世界は限りなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。インターネットを検索し始めると、好奇心から何時間も続けてしまうことがあります。常に何かを手に入れ、まとめ、整理しています。彼らは追求することで新鮮な気持ちを保っています。自分の集めた情報やものは、いつかその価値が証明されると考えています。

能力と優位性

収集心が上位資質である人は・・・ 収集心が下位資質である人は・・・ 続く

https://smtlabo.com/stf-input  

INTELLECTION - 内省

内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。 「内省」の才能の強い人は考えるのが好きです。頭脳活動を好みます。脳の「筋肉」を刺激し、縦横無尽に頭を働かせることが好きです。このような考える事への欲求は、問題を解く、アイデアを出す、あるいは相手の感情を理解するときに発揮されるかもしれません。何に集中するかは、他の強みによって異なります。「内省」という資質は、考える無いようにまで影響するわけではありません。単に、考えることが好きだということを意味しているだけです。彼らは自分の考えを様々な方向から捉えるのが好きです。「内省」の才能が強い人は、思考が内側に向いています。この才能は彼らに自分と向き合い、じっくり考える時間を与えます。それがどの方向に導くにしても、この頭の中でのやりとりは彼らの人生で常に変わりません。

能力と優位性

内省が上位資質である人は・・・ 内省が下位資質である人は・・・ 続く

https://smtlabo.com/stf-intellection  

LERNER - 学習欲

学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。 「学習欲」の才能が強い人は、常に学び、向上することに全力を作ります。学習のプロセスは彼らにとって、習得する知識と同じくらい重要なのです。彼らは何も知らない状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することでやる気が出ます。新たな事実を学んだり、新しい課題を始めたり、重要な技術を習得したりすることにワクワクします。学ぶことで自身がつきます。「学習欲」の上位資質が、必ずしも分野の専門家になることは、専門的または学術的な資格を得て評価されようと頑張ることの動機づけになるわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

能力と優位性

学習欲が上位資質である人は・・・ 学習欲が下位資質である人は・・・ 続く

学習欲とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、学習欲について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 学習欲の資質が上位にくる人の特徴 「学習欲」の資質が高い人は、学習意欲が旺...

MAXIMIZER - 最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないし集団において追究します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。 「最上志向」の才能の持ち主は、多くの場合、他のだれも気づいていないときから人の才能や強みを見抜きます。強みは、それが自分のものであれ他人のものであれ、彼らを魅了します。「最上志向」の人は、他の人が 自分の可能性にワクワクできるようにサポートするのが好きです。周りの人が何を得意とし、どのような仕事に向いているかを見極める能力があります。彼らは人の才能と、完了すべき仕事をどのように結びつけるかを知っています。平均ではなく卓越していることが彼らの評価基準であり、それを追い求めています。品質を重視することで、自分や他の人の得意分野に焦点を当て、弱点を管理します。

能力と優位性

最上志向が上位資質である人は・・・ 最上志向が下位資質である人は・・・ 続く

POSITIVITY - ポジティブ

ポジティブという資質を持つ人は、情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができます。生き生きとしており、他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができます。 「ポジティブ」の才能が強い人は、称賛をおしまず、常に微笑みかけ、どんな状況においても良い面を探します。彼らは人々やグループ、組織に熱意をもたらします。他の人が生産性を上げ、希望が持てるように刺激することができます。常に周りの人の心を明るくする方法を探している用です。楽天的で、希望に満ち、遊びを楽しみます。あらゆる達成を称賛します。彼らはどんなことでもよりエキサイティングでよりいきいきとしたものにする方法を考え出します。

能力と優位性

ポジティブが上位資質である人は・・・ ポジティブが下位資質である人は・・・ 続く

ポジティブとは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、ポジティブについて、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 ポジティブの資質が上位にくる人の特徴 「ポジティブ」の資質が高い人は、...

RELATOR - 親密性

親密性という資質を持つ人は、他人との緊密な関係を楽しみます。目標達成のために友人と努力することから、大きな満足感を得ます。 「親密性」の才能は、彼ら自信の人間関係に対する姿勢を表します。簡単に言えば、「親密性」の才能が強い人は、すでに知っている人に惹かれるということです。彼らは必ずしも道の人たちと出会うことを避けているわけではありません。実際、知らない人と友人になるスリルを楽しむような他の資質をもっているかもしれないのです。しかし、彼らは親しい友人のそばにいてこそ、大きな喜びと力を得ます。つまり、「親密性」 の才能が強い人は、人と親密な関係を築きます。彼らは多くの人と知り合いになり、あらゆる種類の人と付き合うことができます。しかし、同時に彼らにはごく少数ですが非常に深い関係の友人がいます。

能力と優位性

親密性が上位資質である人は・・・ 親密性が下位資質である人は・・・ 続く

親密性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、親密性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 親密性の資質が上位にくる人の特徴 「親密性」の資質が高い人は、他の人たちと...

RESPONSIBILITY - 責任感

責任感という資質を持つ人は、一度やると言ったことは必ず実行する精神の持ち主です。正直さや忠実さなどの普遍的価値観を達成することに、意義を感じています。 「責任感」の才能の強い人は、一度やると言ったことは、事の大きさに関わらず、必ず実行する精神の持ち主です。完了するまでそれをやり遂げなければならないという気持ちになります。彼らは約束を守ります。人を失望させず、自分の責任をすべて果たし、約束を守るために一生懸命努力します。彼らの誠実さ、物事を正しく行おうとする意欲、非の打ち所のない倫理観が相まって、「絶対的に信頼できる人」という評判を生み出すのです。

能力と優位性

責任感が上位資質である人は・・・ 責任感が下位資質である人は・・・ 続く

責任感とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、責任感について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 責任感の資質が上位にくる人の特徴 「責任感」の資質が高い人は、一度やると言...

RESTORATIVE - 回復志向

回復志向という資質を持つ人は、問題を解決するのが大好きです。どこに問題があるのかを探り当て、それを解決することに長けています。 「回復志向」の才能が強い人は、問題を解決するのが大好きです。新たな困難に遭遇するとうろたえる人もいますが、回復志向の持ち主はそれを力に変えます。状況を分析し、何が悪いのかを突き止め、解決策を見つけ出すこと言う挑戦を楽しみます。彼らは問題を修正したり、活気を取り戻すうことによって、物事を正常化させることを好みます。つまり、彼らは問題が発生しているときに勇気と想像力をもたらすのです。

能力と優位性

回復志向が上位資質である人は・・・ 回復志向が下位資質である人は・・・ 続く

回復志向とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、回復志向について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 回復志向の資質が上位にくる人の特徴 「回復志向」の資質が高い人は、問題を...

SEFT-ASSURANCE - 自己確信

自己革新という資質を持つ人は、自分の能力と判断力に自信を持っています。まるで、自分が正しい方向へ進んでいることを教えてくれる羅針盤が体内に備わっているかのようです。 「自己確信」は自信と共通する点があります。「自己確信」の才能が強い人は、自分の強みや能力を信じています。自分がリスクを負い、新たな課題に対応し、権利を主張し、また何よりも職務を遂行できると確信しています。ただし、「自己確信」は単なる自信を超えるものです。「自己確信」が上位資質の人は、自分の能力だけでなく、自分の判断んみも自信を持っています。方向性や決定を肯定するだけの確実性を感じ取ります。「自己確信」の才能の持ち主は、船の竜骨のように、さまざまな方向からの圧力に耐えて、進路からはずれないようにすることが出来ます。

能力と優位性

自己確信が上位資質である人は・・・ 自己確信が下位資質である人は・・・ 続く

自己確信とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、自己確信について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 自己確信の資質が上位にくる人の特徴 「自己確信」の資質が高い人は、自分の...

SIGNIFICANCE - 自我

自我という資質を持つ人は、他人の目から見て非常に重要な人間になることを望んでいます。独立心に富み、人から認められたいと思っています。 「自我」の才能が強い人は、自分の価値を他人に見てもらいたいと考えます。認められ、話を聞いてもらい、評価されたいと思っています。特に、自分がもたらす独自の強みを知ってもらい、高く評価されることを望みます。人々、グループ、社会全体に影響を与える方法を探します。自分の貢献が多大で、協力で、意義深いものと見做されたいと思っています。認められたいという強い熱望によってモチベーションがあがり、結果としてそれが彼らを向上させます。「自我」 の資質は彼らを高みへと引き上げ、平凡から卓越へと押し上げます。

能力と優位性

自我が上位資質である人は・・・ 自我が下位資質である人は・・・ 続く

自我とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、自我について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 自我の資質が上位にくる人の特徴 「自我」の資質が高い人は、大きな影響を与える...

STRATEGIC - 戦略性

戦略性という資質を持つ人は、目的に向かうための選択肢を想定することができますいかなる想定に直面しようとも、適切なパターンと問題点を直ちに予測することができます。 「戦略性」の才能が強い人は、混乱をかき分けて最適な道順を見つける能力があります。これは学習して習得できるスキルではありません。これは明確に考え、世界を大局的に捉えることが出来る能力です。他の人にはただ複雑にしか見えないときでも、彼らはこの才能でパターンを見つけ出します。これらのパターンを思い描くことで、代替シナリオを思いつくことができ、常に「もしこうなったら?」と考えることができます。また、こうして繰り返し疑問を抱くことが、未来を予見し、計画し、準備するのに役立っています。他の人が道がないと思っているときでも、彼らは道を見つけます。この戦略性を武器に彼らは前へ進みます。

能力と優位性

戦略性が上位資質である人は・・・ 戦略性が下位資質である人は・・・ 続く

戦略性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、戦略性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 戦略性の資質が上位にくる人の特徴 「戦略性」の資質が高い人は、目的に向かう...

WOO - 社交性

社交性というテーマを持つ人は、知らない人と出会い、自分を好きになってもらうのが大好きです。見知らぬ人と打ち解けて親しくなることから満足感を得ます。 「社交性」とは他の人の指示を得ることです。社交性の才能が強い人は、新しい人に出会い、彼らからの評価を得るという挑戦を楽しみます。人との新たな出会いに惹かれます。 名前を知り、質問をし、信頼関係が築けるような共通の興味を探すのが好きです。上位資質に社交性を持つ人は、集団の中にすんなり入ることができ、どう振る舞い、どのような会話をすればよいのか自然とわかります。話題が尽きることを心配して、会話を始めることを嫌がる人が合います。「社交性」の強い人はそうではありません。彼らが合う人は他人ではなく、今まであったことがなかった友人なのです。

能力と優位性

社交性が上位資質である人は・・・ 社交性が下位資質である人は・・・ 続く

社交性とは - ストレングスファインダー(StrengthFinder)
このページでは、クリフトン・ストレングスファインダー34の強みのうち、社交性について、様々な個所からの情報を集め集約するページです。 社交性の資質が上位にくる人の特徴 「社交性」の資質が高い人は、知らない人と...
    1. ACHIEVER - 達成欲
      1. 能力と優位性
    2. ACTIVATOR - 活発性
      1. 能力と優位性
    3. ADAPTABILITY - 適応性
      1. 能力と優位性
    4. ANALYTICAL - 分析思考
      1. 能力と優位性
    5. ARRANGER - アレンジ
      1. 能力と優位性
    6. BELIEF - 信念
      1. 能力と優位性
    7. COMMAND - 指令性
      1. 能力と優位性
    8. COMMUNICATION - コミュニケーション
      1. 能力と優位性
    9. COMPETITION - 競争性
      1. 能力と優位性
    10. CONNECTEDNESS - 運命思考
      1. 能力と優位性
    11. CONSISTENCY/FAIRNESS - 公平性
      1. 能力と優位性
    12. CONTEXT - 原点思考
      1. 能力と優位性
    13. DELIBERATIVE - 慎重さ
      1. 能力と優位性
    14. DEVELOPER - 成長促進
      1. 能力と優位性
    15. DISCIPLINE - 規律性
      1. 能力と優位性
    16. EMPATHY - 共感性
      1. 能力と優位性
    17. FOCUS - 目標志向
      1. 能力と優位性
    18. FUTURISTIC - 未来志向
      1. 能力と優位性
    19. HARMONY - 調和性
      1. 能力と優位性
    20. IDEATION - 着想
      1. 能力と優位性
    21. INCLUDER/INCLUSIVENESS - 包含
      1. 能力と優位性
    22. INDIVIDUALIZATION - 個別化
      1. 能力と優位性
    23. IMPUT - 収集心
      1. 能力と優位性
    24. INTELLECTION - 内省
      1. 能力と優位性
    25. LERNER - 学習欲
      1. 能力と優位性
    26. MAXIMIZER - 最上志向
      1. 能力と優位性
    27. POSITIVITY - ポジティブ
      1. 能力と優位性
    28. RELATOR - 親密性
      1. 能力と優位性
    29. RESPONSIBILITY - 責任感
      1. 能力と優位性
    30. RESTORATIVE - 回復志向
      1. 能力と優位性
    31. SEFT-ASSURANCE - 自己確信
      1. 能力と優位性
    32. SIGNIFICANCE - 自我
      1. 能力と優位性
    33. STRATEGIC - 戦略性
      1. 能力と優位性
    34. WOO - 社交性
      1. 能力と優位性
  1. あなたの強みはどれなのか?
スポンサーリンク

あなたの強みはどれなのか?

これらはStrengthFinderテスト後のGullup reportからの抜粋です。 すべて読みたい場合は、テスト受講済みの人なら https://www.gallupstrengthscenter.com/Register/ja-JP から見られます。 各資質のレポート、強みごとの事例(海外の人。日本語字幕あり)動画も見られるのでブックマークしておきましょう。 ストレングス・ファインダーを受けてみたい、どんなものか知りたいときはこちら https://smtlabo.com/what-is-strengthfinder 画面で見るのは疲れるので本が良い、という人は書籍版があります。 新品の書籍にはオンラインテストを受験する権利(コード)が付いているので一冊買っておくのがオススメです。

コメント