注目キーワード
  1. MBTI
  2. 価値観
  3. 天職
  4. タイプ4
  5. INTJ

ISTP型タイプとは - MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)

このページでは、MBTIのタイプ分けのひとつにISTP型について、様々な個所からの情報を集める予定です。MBTIはMyers-Briggs Type Indicatorの略で、マイヤーズブリックスタイプインジケーターと読みます。

MBTIとは何かわからない方、聞いたことがない方はこちらもご覧ください。

MBTI-ユング類型論を元にした自己理解メソッド

MBTIのタイプは16個あり、このページに記載しているのはそのうちの1つだけです。

 

まずは書籍「あなたの天職がわかる16の性格」からです。

ISTP型【内向・五感・思考・柔軟】

実務家タイプ

危険やスリルを求める人、独立心の旺盛な実務家。

キーワード=冷静、理論、明快、アウトドア

ISTP型の性格とは

ISTP型は率直で、正直な実務家だ。会話より活動を好む。見栄を張らず、気取りがなく、モノが作用する構造をよく理解する。個人の感情を交えずに問題を分析し、ものごとの根源的な原理に関心を持つ。メカにつよく、機具や道具を扱うのが得意で、手先が器用。一人で論理的に考えて決断を下す傾向があり、自分の考えをはっきり述べる。

好奇心旺盛で、観察眼が鋭いISTP型は、信頼のおける明確な事実にしか納得しない。事実を重視し、自分が精通している情報を蓄え、知識の宝庫として頭に収めておくことができる。現実的あるうえ、勘が冴えているため、可能な方法を駆使して最大限の効果を上げることができる。静かで控えめなISTP型は、時に冷静に見えるし、超然とお高く留まっているようにも見える。親友と一緒にいるときを除けば、恥ずかしがりやにも見える。ISTP型は、自分で目標を立て、自分で道を選び、前進していくことができる。誰にでも平等に接し、公平。自分の衝動をコントロールできるので、急に問題が起こったり、変化が生じたりしても、臨機応変に対応できる。興奮したい、からだを動かしたりしたいという欲求が強く、アウトドアで過ごすのを好み、スポーツも得意だ。

ISTP型の短所

ISTP型はだれにも相談せず、ひとりで決断を下すことが多く、非常に重要なこともこっそり決めてしまうので、周囲の人間には、いったい何を考えているのか見当がつかない。ISTP型は、自分の感情や関心を他人と分かち合うのが苦手であり、そもそも、そんなことは不要だと思っている。ISTP型は、周囲の人間が情報を望んでいること、そして正確な説明をできるのは自分だけだということを自覚しよう。

ISTP型はいたって現実的なので、最小限の努力で成果を上げる方法を見分けられる。だが、自由時間が欲しいからという理由で、必要最小限のことしかしない傾向があり、プロジェクトを最後までやり遂げないときもある。できるだけ近道をしたい、努力を最小限に抑えたいという願望が強すぎるのだ。細かい点まで計画をよく練り、すべての段階と詳細をもれなく設定しておけば、途中で道からそれることもなくなるだろうし、興味をなくしてしまうことも無くなる。

新たな情報を取り入れようと常にアンテナを張り、あらゆる可能性を逃したくないと思っているので、優柔不断で煮え切らないところがある。興奮を求めるあまり、ときに無鉄砲になる危険があり、すぐ飽きてしまう恐れもある。目標を定め、ものごとや人間に対して真剣に責任をとろう。そうすれば、いつもの失望を味わわずに済むし、行き当たりばったりに人生を送る危険を減らすことができる。

ISTP型が実力を発揮できる職場環境

  1. 最も効果的な方法を自分で選び、活用できる。
  2. 技術を習得し、それを実際に活用できる。メカに強いので、機械や道具を扱える。
  3. 技術的な知識を応用でき、自分が扱っているものの構造を理解できる。問題を解決したり、欠陥を改善したりできる。
  4. 方向が明確に定まっている。当を得たやり方で働くことができ、実用的な製品を扱うことができる。
  5. 楽しく活動的に働き、一人で仕事に没頭できる。職場を離れ、外出する機会がある。

 

~~~

とりあえずここまで、「あなたの天職がわかる16の性格」から抜粋です。
この書籍にはその他にもMBTIの各タイプに関する記述がいろいろとあって、その多くが「職業、仕事、ビジネス」に関することです。

ほとんどの人にとって仕事は人生の多くの時間を占めることになるので、それが楽しいものであればあなたにとって良い人生になります。

このぺージはまだ途中なので、あとから追記します。

最新情報をチェックしよう!