パーソナリティ診断をマネタイズの観点から見てみると

雑記
スポンサーリンク

このページでは、パーソナリティ診断の提供側がどうやって利益を上げ、組織を維持しているのか考察しています。

パーソナリティ診断は、無料で出来るものも有料のものもあります。
有料であるなら話しは分かりやすいのですが、世の中ただのものはありません。
サービスの提供になんらかの労力がかかっている以上、提供するだけの見返りがあるはずです。

何をもって収益を上げているのか、目的が分かれば、そのテストをどれぐらい信頼してよいかの目安にもなります。

スポンサーリンク

パーソナリティ診断プログラム提供側のマネタイズ

Wealth Dynamics(ウェルスダイナミクス)のマネタイズ

まずはウェルスダイナミクス。富の力学、ということで社会的成功にフォーカスしたプログラムです。ファウンダーのロジャー・ハミルトンももちろんこのサービスを考案・提供することにより超リッチになっています。
簡易診断は、無料。パーソナリティの4ついずれかの方向性だけがわかります。
本診断は、¥13000(2017/7現在)
それをさらに深堀りしていくためのキットが¥33000 ほど。
付随するウェルススペクトルテストは約¥4000
協会認定コーチとして認められるプログラムは、有料。いくらか忘れましたが調べれば分かるはず。
そのコーチは有料セミナーを行ったり企業とコンサル契約したりして対価を得ます。
それから書籍を出しているのでもちろんそこからの収入、書籍とプログラムをセットにしたもの、起業家向けプログラム、経営者向けプログラム、コーチ用教材、グッズ、それから各プロファイル(診断結果)向けそれぞれの教材があるようです。
あとは大規模な協会主催セミナー事業ですが、ロジャー・ハミルトンが来るだけでプレミアがつくようで10万超えのようです。一緒に写真を取ったら認定コーチとして泊がつくというメリットもあるでしょう。

金・金・金にこだわっているようにも見えますが関わる人の収入が増え新しい事業が生まれていくならそれはそれで良いことです。

Wealth Dynamics(ウェルスダイナミクス)、経済的成功に目的を絞ったパーソナリティ診断プログラム群
このページでは、経済的成功に焦点を当てたパーソナリティテストのWealth Dynamicsについて記載しています。自分探しや自己開発に興味はないけど、もっと金を稼ぎたい、地位を確立したい、自由が欲しい、人生で安心感を得たいと思っている...

Kolbe(コルベ)

教育研究家のキャシー・コルベ発案のプログラム。
そのため診断結果のありかたに教育的思想が垣間見えます。
無料診断は無いようです。
まず書籍が有料(当然ですが)。
コルベAインデックスが$50ほど(2017/7時点、日本円で¥5500ぐらい)
B、Y、R、Financeといろいろなパターンの診断がありますが
¥2000 ~¥10000ぐらいのようです。あまり高くはない。
ビジネスリーダー向けパックが$ 50
これにはガイドやCD、ワークシートが含まれるようです。
子どもを開発するためのパックが$88。
コルベYインデックスとRインデックス、本とCDが内包。
コーチングパックが$75。
各要素、ファクトファインダーやフォローするーといったものを解釈しコーチングするためのCDです。
セルフマネジメントのパックが$49。
いくつかのCDなどで、書籍や診断結果レポートには無かった説明が加わるようです。

これらはコルベAインデックスは含まれていないことが大半なので
教育やビジネスといった各シーン向けに活用するためのキットです。
あとはビジネスに関するサービスは充実しています。
従業員採用、チームビルディング、経営コンサルやセミナーなど。

Kolbe(コルベ)、本能的資質と強みを明らかにするオンラインサービス
このページでは、海外を中心に数多くの企業・教育機関で用いられている心理テスト「コルベインデックス」の概要について記載しています。コルベインデックスは、生まれつきあなたが持っている資質を明らかにし、特定の状況下でとりうる行動の傾向を読み解...

How to Fascinate(ハウトゥファシネート)

企業ブランディングに携わってきたキャシーコルベによる個人ブランディング診断。
まず有料販売されている書籍がありますが
本診断は無料(!)のようです。
そこから、少し詳しくアドバンテージの割合を見たり追加レポートを受け取るのは有料。
たしか¥5000ぐらいでした。
パーソナルブランディングづくりをサポートするためのツールが$197
1時間ぐらいで自分をブランディングしてビジネスに使いましょう、ということ。
 学生向けパーソナルブランディングキットも同額の$197
LinkedINのプロフィールや履歴書、カバーレター、インターンシップアプリなどが含まれるようです。
それからプロフェッショナル向けのキットが$497
ワークブックやオーディオレッスン、メルマガ、ヒント集など。
ビジネス向けは収入という目に見えるリターンを目指すので価格も高めです。
それから認定コーチ制度。金額はわかりませんでした。
あとは企業向けのコーチングプログラムなど。フォーチュン500企業やスタートアップでも実績があるようです。

How To Fascinate(ハウトゥファシネート)、人を引きつける魅力にフォーカスした自己診断
このページでは、人を惹きつける長所を発掘するテスト「How to fascinate」について、概要を記載しています。 このテストを受けて自分のことを理解すると、もしあなたが社交的ではないとしても、目立つのが苦手だとしても、それらには無関...

Strength Finder(ストレングス・ファインダー)

調査会社ギャラップ社の強み診断ツール
書籍が2000円弱程度。書籍にあるコードは1回使い切りで中古本の価値を押さえています。これはうまいやり方。
特徴34のうち上位5個の強みだけが分かり、この時点で満足するなら書籍代のみです。
全てを見るには追加で$69。これで下位の弱みまでわかります。
起業家適正診断のBP10(Builder Profile10)は$12。安い。
自分で学習して認定コーチになるためのコーチングキットが$495
授業形式で認定コーチを目指すコースは2種類あって、短期集中2日プログラムが$2900。約30万円ちょっとです。4.5日のコースは$7900
これにはコーチングキットが含まれるそう。

別の記事でも書きましたが、ストレングス・ファインダーは結果の組み合わせが膨大です。
同じ強みを持つ場合でも、他の強みとの兼ね合いでまったく別の生かし方になったりするので本気でとんがりたいならコーチングを受けるのが近道です。
それでコーチ需要も相当高い、と。うまくできています。

Strength Finder(ストレングスファインダー)、自分の資質を34種類から診断するオンラインサービス
このページでは、日本でもトップクラスの知名度であるStrength Finder(ストレングス・ファインダー)について全体像を記載しています。ストレングス・ファインダーとは、パーソナリティ診断ツールのひとつです。 ストレングスファイン...

MBA診断

大前研一氏のBBT大学のビジネススキル診断。
これは完全無料です。
大学のコースに誘導するフロント商品の役割をになっているので、無料で提供されているようです。
ということは診断で満足させないように、やや厳し目な結果がでるか
自分に足りないものをうまく大学のコースに誘導する仕組みが作られているのかと思われます。

グッドポイント診断

リクルートネクストの診断。多くの人は無料版ストレングスファインダーという印象を持つはずです。
転職サービスなどを提供するリクルートですから、よりよい転職先を探したり普段意識しない自分を見直させることで、いろいろな職種に興味をもってもらうのが目的だと思います。
診断の根拠は明かされておらずブラックボックスですが、目的がはっきりしているので特にバイアスはかかっていなさそうです。

エムグラム

科学的アプローチによる自己診断。開発者は日本人。
診断は無料
相性診断アプリへの誘導、企業コンサルティングやチームづくりの仕事を受けるためのフロント商品として、関連商品や番組などを目指しているようです。

 

有料、無料のテストは他にもまだまだたくさんあります

オンラインテストもオフラインテストも、有料も無料も世の中には数多くあります。

試してみたものがあれば後日追記します。

コメント