大人でもまだ間に合う、人脈を築くためのヒント

人脈・ネットワーク
スポンサーリンク

あなたは友達が多いですか? 残念ながら私は非常に少ないです。

多いなら、それは困ったときに相談できたりお互いを刺激し高めあえる良き友人ですか?

それとも単なる「ときどき遊ぶだけの人々」でしょうか?

友人は、あなたの人生に彩を添え、より豊かで楽しく、基盤を頑健にしてくれるとても貴重なものです。困ったときに助けあえる間柄であるなら、金銭には代えられない価値があります。

そのうち、主にビジネスでのネットワークは人脈と呼ばれ方をすることがあります。

友達を作るのと違って、人脈を築くというのは、年齢を重ねるにつれて難しくなっていきます。利害関係抜きで人と付き合えるのは、強制的に学び舎に押し込まれてイベントも盛りだくさんだった学生時代までです。

そんなことないですか?一見そうですが、実はそうではありません。

分かりにくい言い方をしてしまいましたが、つまり、「大人になってからも人脈は築ける」ということです。

大人が人脈を戦略的に築く方法

このページでは、大人になってからも有効な人脈を作るための参考情報を集めます。

たとえあなたが社交的な性格ではなかったとしても、戦略的に大人の人脈を築いていくことは十分可能です。

私もまったく社交的ではないのですが、だからこそ少ない機会を効率的にネットワーク化につなげていくことが必須です。

そのためにこれらの情報を活用しています。

書籍(紙の本や電子書籍)

本のメリットは価格が安いことです。それと膨大な量があるのも利点です。老若男女問わず、本ならリーチできます。もし電子書籍が使える環境だとさらに利便性はあがります。

実際に私が読んで、あなたに薦める価値があると感じたものだけを、忙しいあなたに紹介したいと思います。

初心者向けのもの

課長島耕作の作者が書いている、漫画風で読みやすい本です。島耕作シリーズの読者は分かると思いますが、島耕作は人脈で成り上がったようなものです。確か平社員から会長にまでなったはず。

その物語を書き上げるために作者が見てきた人間関係とその築き方は漫画でありながら非常にリアルです。

created by Rinker
¥1,404 (2019/01/16 01:47:05時点 Amazon調べ-詳細)

私も買ったのですが、すでにビジネスにどっぷり浸かっている年齢の時に読んだのでほとんどが知っていることばかりでした。

あなたに3年以上のビジネス経験があるなら、別の本を探したほうがいいと思います。

ある程度ビジネスを知っているひとのもの

レバレッジシリーズの著者、本田直之氏の書籍です。氏の基本スタンスは、てこの原理のようにかけた労力を最大限効率的に結果に変えるというものです。そのスタンスが「レバレッジ」という冠詞に表されています。人脈とは関係ない話ですが、私が多読するようになったのは本田直之氏の「レバレッジリーディング」がきっかけです。それまでは1冊読み終えるまでは集中するというスタンスでした。学生時代でお金がなかったのもありますが・・・

created by Rinker
¥1,543 (2019/01/16 01:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,566 (2019/01/16 01:47:06時点 Amazon調べ-詳細)

ですが、もしあなたがもっと根本的に今の状況を変えたいと思っているなら、ぜひ次の本をオススメしたいです。

本格的にビジネスを変革したい人のためのもの

日本人が書いたものではありません。でも、十分すぎるほどに日本でも有効です。

created by Rinker
¥2,530 (2019/01/16 01:47:07時点 Amazon調べ-詳細)

※注意↑はAmazonへのリンクですが、買わないでください。表紙を載せるためにリンクしただけです。
Amazonよりも安く、90日の返金保証がついている出版社から買ったほうが遥かに賢明です。
直接買える出版社のサイトはこちらです↓

ダイレクト出版 紹介の連鎖が永遠に続く マル秘・人脈活用術

 

コーチング・オンラインコンテンツ

ネットを使って配信されるセミナーや教育プログラムです。コーチ役の人と直接会うというものもあります。動画やら音声やらPDFやらプログラムによってサービスが提供される方法はまちまちですが、いずれも紙の本にはないメリットがあります。

  • 音声なら、ドライブや通勤中に聞ける
  • PDFなら、スマホやタブレットにいくつでも保管しておける
  • 動画なら、視覚と聴覚両面で理解しやすい

それ以外にも、自分に向いている学習法を選べるメリットもあります。

もしあなたが本を読んでも文字が上滑りして頭に入ってこない人だとしても、耳からならすんなり情報がインストールされるかもしれません。

読んでも聞いても頭に入らなかったのに画像で見る、グラフィカルなコンテンツなら一瞬で理解できる人もいます。

「紙か電子か」だけではなくて「読むのか聴くのか体感するのか」を選びやすいのがオンラインコンテンツの魅力です。

エベン・ペーガン 「コネクテッド」

 

・・・を、紹介しようと思ったのですが残念ながら一般販売はまだされていないようです。

私は先行販売で手に入れましたが、まだ商品が完成していないようで、定期的に次のコンテンツが補充されてきます。(オンラインなので「補充」です)

 

作成者のひとりであるエベン・ペーガンは、『あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法』の作者です。彼がどういう人物で、どんな優位性をもってビジネスに取り組んでいるのかは、この本を買ってみると伺い知ることができます。ちなみに私もこの本を持っています。こういった本やコンテンツをダイレクト出版社から頻繁に買っていると、メルマガで別の商品を紹介されることがあります。

「コネクテッド」はそうやって紹介されたのうちの一つでした。

 


 

人脈を築くというのは私の今後7年間のテーマのうちの一つです。

個人的な課題だけで4種類×2、8個のテーマを作成していますが、人脈構築はそのうちかなり上位にくる重要な要素です。

もし「コネクテッド」についてもう少し知りたい、とか、実は持っているので誰かと話したい、のであれば試しに連絡ください。

4日以内ぐらいには反応できると思います。たぶん・・・。人生の25%ぐらいはオンラインに注力しようと思っています。

 

コメント