資産管理を効率化するためのアカウントアグリゲーションサービス8+1+2個

時間管理・生産性向上
スポンサーリンク

金融資産の把握は大事

お金、マネー、資産、など自分の自由になる金融資産を把握しておくのは思っている以上に大事なことです。財産・資産に無関心だと、不利益を被るのは自分自身です。たとえばこのようなシーンが考えられます。

スポンサーリンク

資産管理に目を背けたままにするリスク

いざ必要な時に足りない

金額があいまいだとかどの口座にあるかいまいちよくわからない状態だと、いざ必要になったときに全然足りずに金策に走り回り、高い金利で借りざるを得なくなったりします。

チャンスロスしてしまう

思っていたよりも残高があったというのは一見問題ないようにも見えますが、正確に把握していれば飛び込めたかもしれないチャンスに関わることができず、機会ロスということもありえます。

資産の増減で一喜一憂する性格の人はちょっと距離を置いていたほうがいいですが、たいていの人にとっては、自分の金融資産を正確に把握することはメリットが多いものです。

管理がめんどうになってきたらアカウント管理サービス

アカウント管理、アカウントアグリゲーションサービスとは銀行口座やクレジットカードの明細、ポイントカード残高などを自動取得して一覧で見せてくれるサービスです。

いくつかの企業がサービスを展開しており、銀行が付帯サービスとして行っているものもあればベンチャー企業がこれメインで勝負をかけているものもあります。ただ、すべてのサービスがすべての金融機関に対応しているわけではなく、サービスにより対応状況に大きな差があるという点に注意が必要なのと、その仕組み上避けられないデメリットもあります。

スポンサーリンク

アカウントアグリゲーションサービスのメリット・デメリット

メリット

一括して資産管理ができ、時短になる

各銀行にわざわざログインして確認しなくても残高や取引の明細がわかります。

凡ミスを減らし信用低下を防げる

クレジットカードの引き落とし日に口座残高が足りないことに気づけます。

投資信託の積み立て予定に買い付け余力があるかわかります。

そのサービス独自の付加価値がある(場合もある)

家計簿をつけてくれたり、AIが資産運用の診断をしてくれるサービスもあります。

デメリット

リスクが増える

自分の代わりに各サービスにログインして情報を集めてくるという仕組みのため、アカウントアグリゲーションサービス自体に銀行や証券会社、カードのIDとパスワードを保存しなければなりません。情報漏洩リスクが高まります。

不正アクセスへの感度が落ちる

金融機関は、セキュリティ対策として、アクセスがあると利用者にメールで通知するサービスをしています。覚えのない日時にアクセスがあれば不正アクセスではと疑うことができますが、アカウントアグリゲーションサービスを使うと、この感度が鈍ります。

各ツールが不定期に金融機関等にアクセスするため、覚えのない日時でも「ツールが自動巡回して明細を取得してくれたんだな」程度にしか思わなくなってくるからです。

スポンサーリンク

各アカウントアグリゲーションサービス

いくつもあるので、使い勝手が良いもの、自分の使っている口座に対応しているもの、運用体制に信頼が置けるものをチョイスするようにしましょう。

サービス継続中のもの(2017年9月現在)

Money Forward マネーフォワード(株式会社マネーフォワード)

無料で簡単家計簿アプリ|マネーフォワード ME
マネーフォワード MEは、だれでも簡単に続けられる自動の家計簿です。お使いの銀行・クレジットカード・証券会社・FX・年金・ポイントの口座を連携し、家計簿を自動で作成します。iOS、Androidアプリでいつでも家計簿をチェックできます。

見やすさと機能のバランスが良く、メインで使っています。ただ有料プランが他社サービスより少々高めなので有料化するか検討しています。

 

Money Look マネールック(SBIビジネスソリューションズ)

日本最大級のお金管理サイト|Money Look(マネールック)
家計簿がとっても簡単。資産の管理がラクラク。投資も効率的に。銀行、証券などの口座を一括管理で手間いらず。しかも無料。個人のお金をまとめて管理できる便利サービスです。

SBIグループの企業が運営しています。住信SBIネット銀行ともガッチリ連携していればさらによいのですが・・・

 

Moneytree マネーツリー(マネーツリー株式会社)

家計簿Moneytree無料で人気の簡単に節約できるアプリ
無料で使えるシンプルな個人資産管理アプリ「Moneytree」。銀行口座、クレジットカード、電子マネー、マイル・ポイントカード、証券口座を登録するだけで、口座残高や利用明細、ポイント数などを自動で更新。アプリからあなたの資産状況を一目で確認できます。

公式サイトで、銀行口座が心配な人はまずポイントからと誘っているだけあって有名どころのポイントは取り込めるので便利です。

他サービスでは、意外とポイント管理を軽視しているような向きもあります。たとえばZaimは楽天スーパーポイントに未対応で、楽天マネーブリッジはTマネーに未対応だったりします。優先順位が低かったり戦略上の理由があったりだとは思いますが、利用者にしてみればアグリゲーションサービス自体の価値が

 

Zaim(株式会社Zaim)

日本最大級の家計簿サービス Zaim
日本最大級の家計簿アプリ。レシート読取や銀行・カード連携で簡単に家計チェック。テレビや新聞、雑誌で数多く紹介されています。

動作は軽くスマホでも見やすいですが、私の使っている金融機関に対応していないものが散見されたので、乗り換えるかどうか検討中です。同期も少々遅いかもしれません。

 

MonexONE β(マネックス証券)

MONEX ONE/マネックス証券

証券会社のサービスらしく、同社の資産設計アドバイスツールと連携しています。他社金融資産を含めてアドバイスが受けられるそうです。

 

マネーサポート(楽天銀行)

お金の流れをまとめて管理するマネーサポート|楽天銀行
マネーサポートは、楽天銀行の無料資産管理サービスです。カード・銀行・証券・ローンの明細や資産残高をまとめて集計・分類し、自動的に家計簿を作成。スマホでもPCでも利用可能。

銀行が行なっているということでセキュリティがガッチリしていそうな印象です。同期は早く画面も見やすかったのですが、起動するたびに金融機関にログインしにいき、しかも追加情報の入力が必須なのでめんどうです。また、マネーサポートの起動に楽天銀行へのログインを経由する必要があり手軽に頻繁な確認はちょっとしづらいです。

 

kakeibon(NTTコミュニケーションズ)

Kakeibon(カケイボエヌ/旧OCN家計簿) ~無料で使える自動ネット家計簿~
無料家計簿のKakeibon(旧OCN家計簿)は、銀行やクレジットカードなどの支出情報を自動的に取り込んで家計簿化する、家計簿サービスです。

これは未使用です。個人的な理由ですがクラムボン見たいな名前に抵抗感が・・・

 

Dr Waller ドクターウォレット(株式会社 BearTail )

BearTail
社会の北極星

レシートの手動入力が特徴のようです。一定枚数までは無料。中の人が編集するサービスに銀行口座データなど預けるのはどうなのか・・・と思われるのは百も承知でしょうから体制は整えているはず。家計簿に関しては個人的な理由から手動でやると決めているので、試してはいません。極限まで省力化したいひとには楽なサービスだと思います。

 

 

CRECO クレコ (アイ・ティ・リアライズ株式会社)

クレジットカード・電子マネー一元管理アプリ「CRECO(クレコ)」
『CRECO(クレコ)』はクレジットカード・電子マネー一元管理アプリ。わかりやすいカレンダー形式で、利用もすべて無料。セキュリティー対策も万全で、安心して使えるシンプルで便利なアプリです。

クレジットカードonlyのサービスです。クレジットカードに限るという条件付きですが、見やすくわかりやすいです。無料なのに独自のオファーやポイントが付きます。ただし、クレジットカードの使用履歴を提供するのが利用条件のためそれが嫌でなければ、最もカードの利用履歴をざっくり把握しやすいサービスです。

 

サービス終了したもの

JNBアグリゲーション(ジャパンネット銀行)

昔からあるサービスでしたが、終了してしまいました。

 

人生通帳(ソニー銀行)

金融機関の管理だけではなくお金を中心にして人生そのものもプランニングしようというものです。残念ながらこのサービスを知ったのは終了してからだったので試せませんでしたが、非常に自分好みのサービスだったようで本当に残念です。

 

自分に合った管理をしましょう

口座が増えてくるとつい省力化・自動化をしたくなりますが、そもそもそんな高頻度で残高チェックしないといけない口座ばかりではないはずです。金の積立にそんな価格変動は無いですし、投資信託など長期保有してこそ意味のある金融資産も多々あります。

月に一回ログインして確認し、パスワードを掛けたエクセルで管理手帳にメモ記録は残さず頭で把握しておくといった方法でも十分かもしれません。

個人的には高頻度でチェックする口座、クレジットカード明細のみをアカウントアグリゲーションサービスで管理し、その他はオンラインで個別に確認できれば十分かなと思います。

もしくは、電子マネーやポイントのみを管理するというやり方もあります。失効というリスクを回避出来るので、リスクを減らし利便性を得るアカウントアグリゲーション有用な利用法のひとつです。

コメント