アナログとデジタルの融合・使うだけでフローに乗れるハイブリッド手帳Evo Planner

習慣をつくる・やめる
スポンサーリンク

毎年年末になると、来年の手帳が気になりだします。

ふつう、手帳と言えば「予定を管理したり目標にフォーカスするためのもの」というツールです。

アナログにもデジタルにもメリットデメリットあり、
毎年毎年、楽しみながらも迷ってませんか?

アナログで書いてアプリで撮影しデジタル化するなんてのもありますね。

が、ここにきて新しいアプローチをとるものが出てきました。
なんと使うだけでフローに乗ることができる手帳というものです。

使うだけでフローに乗り人生イージーモードに

手帳を使ってフローに乗るとは、どういうことか?

それは具体的にいえばこんな状態になるとのこと。

  • 生活に張りが出て生き生きと暮らせる
  • ストレスを減らして毎日の楽しさがアップする
  • 物事を効果的にこなせ、無理なく多くこなせるようになる
  • 強みに集中して無理してないのに成果を出せる
  • etc,etc,..

素晴らしいですね。

この手帳は、kickstarterで出資を募っているようです。
→2018年4月、出資金が集まり製品化されました

この手帳の大きな特徴としては、脳を4タイプに分けて一番あっている手帳を使うことでフローに乗りやすくなる、というものです。

そして毎日の記録をアプリで取り込むことで、どんなときにどのような気分だったか、継続的に追跡します。

たとえば、一人になって考える時間を十分とれた日があるとします。
あなたはその日をどの程度いい日だったと思っているか、10段階の1なのか5なのか10なのか、そういったことを毎日毎日アプリに追跡していくわけです。

それによってさらに精度が上がり、あなたにとって最高のパフォーマンスを発揮できるパートナーになっていくというものです。

脳タイプは4つ

Evoでは手帳を買う前にWEBサイトから脳タイプを診断します。

この脳タイプは4種類あり、内向的か外交的か、抽象的か具体的かの2×2=4パターンとなっています。

ちょっとMBTIっぽいかもしれません。

MBTI-ユング類型論を元にした自己理解メソッド
このページでは、世界的に有名なパーソナリティ診断、MBTIについて記載しています。 著名で歴史があり、知る人が多いということは時代の試練に耐えてきたということでもあります。これから出会うであろう多くの人との共通言語として、コミュニケー...

上の図で上が抽象的、下が具体的。左が外向的、右が内向的です。

  • 抽象的で外交的なACHEMIST(アルケミスト)-錬金術師は多様性を好み
  • 抽象的で内向的なORACLE(オラクル)-知者は発見と思考によりエネルギーを得て
  • 具体的で外交的なEXPLORER(エクスプローラー)-冒険家は楽しみを求め
  • 具体的で内向的なARCHITECT(アーキテクト)-建築家はバランスと構造化に従う

 

そして手帳に書き込んだ内容は、アプリに毎日取り込んで管理します。

手帳とアプリの連携システム

Evoが新しいのは、タイプ分け診断を日誌と絡めてさらにアプリで進捗確認ができるようしたところです。公式サイトにも世界初のパーソナライズドフローシステムと書かれています。

 

タイプ分け自体はシンプルに4つですが、アプリで進捗確認ができるところが他にはない特徴。

手帳ページの違いは「デイリーページ」のみ

プロジェクトページのQ&Aで脳タイプ別ページの違いについて記述がありました。

手帳の各ページのうち、脳タイプで異なるのはデイリーページのみで
マンスリー、ウィークリーは4つの脳タイプ共通のフォーマットのようです。

Q 各脳タイプの4つのプランナーの違いは何ですか?

A プランナーには、毎日、毎週、毎月の3つの主要セクションがあります。 WeeklyとMonthlyのページは、各Brain Typeの4つのプランナーすべてで同じです。

各プランナーのDaily Pageは、各Brain Typeの動作方法に合わせて調整されています。 脳タイプが成長し、進化するのを助けるために毎日のページに各脳タイプごとに異なるヒントと引用符があり、毎日の脳タイプの成長を促すさまざまなプロンプトと、脳タイプごとにタスク実行を設定するさまざまな方法があります。

 

脳タイプ別の機能差は無いが、アプリは進化する

プロジェクトページのQ&Aで脳タイプ別ページの違いについて記述がありました。

IOS、Androidともにアプリ版は脳タイプ別に分かれた機能は無いそうです。
しかし使用するに従って蓄積されたデータが最も自分の生産性を高める表示をしてくれるようになるとのこと。

Q 各Brain Typeに異なるバージョンのAppがありますか?

A プランナーと同様に、アプリの多くの中心的な機能はすべての人にとって同じです。

しかし、アプリケーションが進化するにつれて、脳の種類に固有のニュアンスと機能が成長し続けるでしょう。

Q アプリケーションは何をしますか?

A このアプリは、プランナーと一緒に働くことを意図しています。 それは、プランナーの経験をより良くし、逆もまた同様です。 具体的には、アプリはプランナに入力したデータを追跡し、進化に役立つデータを表示します。 あなたの最も生産性の高い、生産性の低い、ワークフローのトレンドなどは、何日あるのですか?

自分のように、このアプリは進化します。 主な目的は、進化の旅をもっと簡単にすることです。 私たちは引き続き更新し、あなたの要求に耳を傾け、それを行う製品を提供します。

 

脳タイプ別の手帳そのものやアプリの使い勝手ではなく、このアイデアからどんなものを作り上げようとしているのか、私はどちらかというとそちらのほうに強く興味を惹かれます。

おそらく私はこれを買うことになるでしょう。(2018/2追記:買いました。Kickstarterなので正確には出資)

手帳を買わなくてもWEBでの脳タイプ診断はできます。
とりあえず先にやってみたら、予想通りORACLEでした。

ORACLEは内向的かつ抽象的な考え方をするタイプです。気が付いたら考え事をしていることが多く、考えたことは抽象的なイメージなので言葉に出して伝えるのは苦手とのことです。

まんま自分ですね。

プロジェクトEVO by KickStarter

プロジェクトEVOの参考サイトは下記の通りです。GIGAZINEにも記事が載っていましたので合わせて記載しておきます。

プロジェクトEVOのWEBサイト https://projectevo.org/

KickstarterのEVOページ https://www.kickstarter.com/projects/965524310/evo-planner-the-worlds-first-personalized-flow-sys

GIGAZINEの記事 https://gigazine.net/news/20180119-evo-planner/

 

もし、少しでも気になるなら無料ですので脳タイプ診断だけでもやってみませんか?

診断テストを日本語訳しましたので下記のページからどうぞ

使うだけでフローに乗れるシステム手帳EvoPlannerの脳タイプ診断翻訳
Kickstarterで公開中(現在は製品化)の脳タイプ別システム手帳のプロジェクト、EvoPlanner。 使っているだけで最高のパフォーマンスを手に入れて人生のフローに乗れるという手帳です。 しかしみんながみんな、同じように...

 

コメント